災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

クジラ打ち上げと地震の関係の究極の答え!ニュージーランドと日本の過去則も公開

クジラ打ち上げと地震は関連があるのではないか?
クジラが集団座礁するとそんな噂がネットを駆け巡ります。
事実、記憶に焼き付いているのが2011年東日本大震災前の茨城の集団座礁、
その直前に起こったニュージーランドクライストチャーチの大地震前にもクジラの集団座礁がありました。

ただ、感覚的なものというのは意外と嘘も混じるもので、トラウマですべての事象を当てはめてしまうことが人はあるものです。
今回は、しっかりとした数字を出して、単なるトラウマなのか、それとも事実なのかを見ていきましょう。

Sponsored Links

クジラ打ち上げと地震の関係の究極の答え

正直、最初にiroiroの記事で2000年~2011年で10頭以上のクジラorイルカの集団座礁は日本で9件と書かれていて、
それの証拠を探すのに2時間検索し続けました…(ちゃんと出典書いておいて欲しい…)
iroiroには9件中7件が震度5以上が3か月以内に起こっていると記載。

本当かどうかを確認しましたのが以下。
*クジラの集団座礁については、「マスストランディングデータベース」を下関鯨類研究室より。
*地震はいつも通り気象庁データベースより。

■2000年以降のクジラの10頭以上の集団座礁一覧

2001/2/11:茨城県神栖市波崎:カズハゴンドウ約53頭が座礁
2002/1/22:鹿児島県南さつま市大浦:マッコウクジラ14頭が座礁
2002/2/24:茨城県神栖市波崎:カズハゴンドウ約24頭が座礁
2002/2/25:茨城県神栖市波崎:カズハゴンドウ85頭が座礁
2004/8/24:沖縄県宮古郡伊良部町:マダライルカ25頭が座礁
2006/1/23:千葉県旭市:カズハゴンドウ26頭が座礁
2006/2/28:千葉県長生郡一宮町:カズハゴンドウ約100頭が座礁
2008/8/11:沖縄県宮古郡多良間村水納島:コビレゴンドウ約40頭が座礁
2011/1/27:三重県尾鷲市:カズハゴンドウ約200頭が湾内迷入
2011/3/4:茨城県鹿嶋市下津:カズハゴンドウ約54頭が座礁
2013/4/26:鹿児島県南さつま市笠沙町:スジイルカ30頭が座礁
2015/4/10:茨城県鉾田市:カズハゴンドウ100頭以上座礁→米海軍の訓練と実験によると認められている?
2016年は1頭は多くあるが集団座礁はない

参考:http://whalelab.org/stranding.html
参考:http://ocean-wanderer.info/wwwp2/earthquake

■これら3か月前後の、M6以上 or 震度5弱以上

●2001/2/11:茨城県神栖市波崎:カズハゴンドウ約53頭が座礁、前後3か月の
M6以上

震度5弱以上

●2002/1/22:鹿児島県南さつま市大浦:マッコウクジラ14頭が座礁、前後3か月の
M6以上

震度5弱以上

●2002/2/24:茨城県神栖市波崎:カズハゴンドウ約24頭が座礁
ほぼ同じなので略
●2002/2/25:茨城県神栖市波崎:カズハゴンドウ85頭が座礁
ほぼ同じなので略

Sponsored Links

●2004/8/24:沖縄県宮古郡伊良部町:マダライルカ25頭が座礁、前後3か月の
M6以上

震度5弱以上

新潟中越地震の時期です。

●2006/1/23:千葉県旭市:カズハゴンドウ26頭が座礁、前後3か月の
M6以上

震度5弱以上

●2006/2/28:千葉県長生郡一宮町:カズハゴンドウ約100頭が座礁
ほぼ同じなので略

●2008/8/11:沖縄県宮古郡多良間村水納島:コビレゴンドウ約40頭が座礁、前後3か月の
M6以上

震度5弱以上

●2011/1/27:三重県尾鷲市:カズハゴンドウ約200頭が湾内迷入
M6以上 93件 多いのでM7以上のみ掲載

●2011/3/4:茨城県鹿嶋市下津:カズハゴンドウ約54頭が座礁
ほぼ同じなので略

●2013/4/26:鹿児島県南さつま市笠沙町:スジイルカ30頭が座礁、前後3か月
M6以上

震度5弱以上

出典:地震データはすべて気象庁 http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/

Sponsored Links

これらのデータから「前後3か月最低M6.7以上 最低震度5弱以上が起こっている」
また、「クジラ座礁後は、最低M6.0以上、最低震度5弱以上が起こっている」と言えます。

次にニュージーランドのクジラの集団座礁(マスストラディング)について見ていきましょう。

ニュージーランドのクジラ集団座礁と前後3か月M6以上の地震

2011/2/20:南部スチュアート島:107頭ゴンドウクジラが座礁
>>2011-02-21 23:51:42 M6.1
>>2011-04-18 13:03:02 M6.6
2011/11/16:フェアウェル・スピット海岸:ゴンドウクジラ61頭が座礁
>>2011-09-15 07:53:18 M6.1
>>2011-10-07 08:58:28 M6.1
>>2011-12-15 10:10:07 M6.0
2012/1/23:ゴールデン湾:ゴンドウクジラ90頭
>>2011-12-15 10:10:07 M6.0
2014/01/06:フェアウェル・スピット海岸:ヒレナガゴンドウ53頭座礁
>>2014-01-20 02:52:44 M6.1
2015/2/13:ゴールデン湾:200頭ゴンドウクジラ200頭
>>2015-04-24 03:36:42 M6.1
2017/2/10:ゴールデン湾・フェアウェル岬:ゴンドウクジラ416頭が座礁
>>2016-11-14 00:34:22 M6.5
>>??

出典:https://goo.gl/IUzlNf

ニュー時ランドでは2010年以降の7年間、22回のM6以上が起きている。
日本より圧倒的に少なくて年3回ほどだ。
それを考えるとよく当たっている方だとは思う。
しかし、2012年1月はクジラ座礁後には起こっていない。

個人的見解、結論

日本のものを見ると、あたかも当たっているようにみえるが、
震度5弱以上は2000年から2016年終わりまでの17年間で284回起こっています。つまり1か月あたり1.39回。

2011年が多かったのが響いているとは思いますがそれでも1か月あたり1回と考えると、3か月前後的中するのは当たり前とも言えます。
M6以上は、412回。つまり月当たり2回という計算。やっぱりあって当たり前と言えます

震度6以上なら12回中5回ですので、そう多いとは言えません。
まだニュージーランドの方がましな数字がでています。
くじらの座標には19もの説があり、そのひとつが地震、つまり海洋の地割れなどによる磁場の乱れによって
イルカやクジラが方向感覚を失って座礁するというものです。

また、鯨の集団座礁と地震の関係の科学的裏付けはありません。(ないものばかりですが)
日本のものを見てもわかりますように、データとしてはすべてありきたりすぎて
相関があるとはいえません。M6や震度5弱は月1以上起きるので当たり前なのです。
そして場所も同じではないので、相関はないと言った方が正しいでしょう。

近年、捕鯨も規制されて、クジラは増えているそうです。
ですので、座礁するクジラが増えるのも自然だそうです。

これだけ調べておいて難ですが(意外と4時間くらいかかりました…)
数字的に見る限り、集団座礁と地震の関係はあるとは言えません。
なかには、地震前兆の磁場の乱れによるものもあるかもしれませんが
確かめようがなく、また、可能性も低いと言えます。

Sponsored Links

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー