災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

クリスマスに地震がくるなんて誰が言った?4つの懸念「南海トラフは4回連続12月」「マグネター星雲?」

地震予想専門家の最新情報

4つ目は普通に当サイトでも追いかけている地震専門家の最新情報を紹介していきます。

東大名誉教授・村井氏、電機大教授・早川氏、他を紹介します。

まず、ご存知MEGA地震予測の村井教授の最新予想です。12月14日の最新情報を無料範囲でお伝えします。

村井氏の地震予測

しっかりと、GPSで全国の「隆起」「沈降」をcm単位で出して歪みを警戒しています。

最近は大きな変動はありません。(小さいものは常にあります)
最警戒のレベル5は相変わらず「南関東」です。
教授が最も危ないという地域です。

そして、レベル4が、
南海・東南海地方
九州
東北・北関東の太平洋岸、奥羽山脈周辺
北信越地方・岐阜県
南西諸島

鳥取が先々週だかにレベルを1個下がりました。

大きな変動がないからいい、というわけではなく、「大きな変異(異常な隆起または沈降)」→「沈静期間」→「大地震」という
パターンが多いので警戒はすべきです。

前回の大きな変異は7月13日ごろです。そこから8月にかけて変異が落ち着いた、と思ったら
鳥取地震と福島沖地震が起きました。
それだけで済むのか、まだ来るのか、わかりません。いずれにせよ上記の地域の警戒は続いています。

早川氏の予測

週1くらいの間隔で無料でも予想を出しています。
無料のアプリでの公開は以下です。
img_4213
出典:地震解析Lab

基本的に村井氏とそう変わりませんが、鳥取島根あたりがあらたに入っているのが気になります。

アキラの地震予報

父島圏内にM5.0~M6.7の予報を今のところ(12/15現在)だしています。
福島沖地震の前に警戒をだしていたので、それは当たっています。
HPが見ずらいですが、かなり長く運用していて興味深い予報ではあると思います。

出典:http://eakira.sakura.ne.jp/

さらに詳しくは以下をご覧ください。

地震前兆の最新情報12月!村井・早川氏・過去則・オカルトの3つをまとめてわかること

ちなみに12月の満月は、14日でもう過ぎました。
さらに、ここ10年は日本では震度5強以上は12月には起こっていない!という結果がでています。

ということで、結論的にはクリスマスの地震はどうなるかわからない、というのが正直なところですが、
言えることは

・マグネター星雲は….なんとも言えない
・南海トラフは4回連続12月に起こっている
・世界的には12/26に確率的に起こりやすい
・12/24は世界的にも1回もM7以上が起こっていない
・日本ではここ10年12月に震度5強以上は0!

というところです。
ですので12/24は起こる確率が非常に低いので、思いっきりクリスマスを楽しみましょう!
12/24に大地震が来た前例は116年もないのですから!(絶対来ないと言い切るものではありません。あくまで過去則です。)

Sponsored Links


ページ:
1 2 3 4

5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー