災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

ソロモン諸島地震と日本は関連するか過去則で調べてみた結果M7以上100%!?

ソロモン諸島で12月8日またもや大きな地震が起きた。M7.8となる。(日本時間は9日)
ソロモン諸島はもともと地震の巣でよくニュースになり、当サイトでもバヌアツの法則ということで
(バヌアツはソロモン諸島のすぐ南)ここらへんで起きると日本でも決まって大きな地震が起こりやすい
という過去則を紹介しました。(科学的根拠はありません。学者は言うことが皆違います)

今回はバヌアツとは切り離して、ソロモン諸島単独で前後3か月に日本で大きな地震が起こっているか
12回分検証してみました。
ソロモン諸島沖の大地震は日本の前兆となるのか?みていきましょう。

スポンサードリンク

ソロモン諸島地震と日本との関連を過去則で調べてみた

今回の検証は、2000年以降に絞り、ソロモン諸島のM7以上の地震をピックアップ(12個ありました)
1つずつ、日本での前後3か月のM6以上の地震をピックアップしました。

それでは見ていきましょう。

ソロモン諸島の位置

一応ソロモン諸島の位置を確認しておきましょう。
オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東となります。

いわゆる南の島です。

ソロモン諸島2000年以降のM7以上地震

アメリカ地質調査所(USGS)より、ピックアップ。
ただここは範囲を自分で選択します。どこまで含めるべきか難しかったですが、とりあえず
何度か試し、ソロモン全域を含みつつ、バヌアツが入らないようにしました。

範囲はこんな感じです。
solomon
出典:https://goo.gl/P68LD3

そこから得た2000年以降M7以上の地震が12個となります。

また赤字は人災もあった、wikipediaに単独で載るような話題となった地震です。

—————————————————-
M7.8
69km WSW of Kirakira, Solomon Islands(ソロモン諸島のキラキラの西南西から69㎞)
2016-12-08 17:38:46 (UTC)(発生日時)
深さ41.0 km

M7.0
83km WNW of Lata, Solomon Islands
2015-07-18 02:27:33 (UTC)
深さ11.0 km」

M7.4
112km S of Kirakira, Solomon Islands
2014-04-13 12:36:19 (UTC)
深さ39.0 km

M7.6
93km SSE of Kirakira, Solomon Islands
2014-04-12 20:14:39 (UTC)
深さ22.6 km

M7.1
31km SE of Lata, Solomon Islands
2013-02-08 15:26:38 (UTC)
深さ21.0 km

M7.0
27km NNW of Lata, Solomon Islands
2013-02-06 01:54:14 (UTC)
深さ8.8 km

M7.1
114km WSW of Lata, Solomon Islands
2013-02-06 01:23:19 (UTC)
深さ10.0 km

M8.0
76km W of Lata, Solomon Island
2013-02-06 01:12:25 (UTC)
深さ24.0 km

M7.1
Solomon Islands
2010-01-03 22:36:25 (UTC)
深さ10.0 km

M7.2
Santa Cruz Islands
2007-09-02 01:05:18 (UTC)
深さ35.0 km

M8.1
Solomon Islands
2007-04-01 20:39:58 (UTC)
深さ24.0 km

M7.3
Solomon Islands
2003-01-20 08:43:06 (UTC)
深さ33.0 km

出典:https://goo.gl/P68LD3

—————————————————-
スポンサードリンク

ソロモン諸島沖地震の前後3か月の日本の大地震

それでは上記12個について、日本の前後3か月のM6以上を見てみましょう。
震度も見れます。

2016/12/08のソロモンM7.8の地震の前後3か月 

*最新なので前だけです。
solomon1
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

ご存知、鳥取地震・福島県沖地震が記憶に新しいですね。

2015/07/18のソロモンM7.0の地震の前後3か月

solomon2
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

前にだけ起きていますね。あの気持ち悪い横揺れだった小笠原のM8.1が起きた2か月後ですね。

2014/04/12,13のソロモンM7.4の地震の前後3か月

solomon3
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

8回起きています。けっこうありますね。
伊予灘で震度5強があったときです。
地震後は伊豆大島近海・福島沖のM7などが気になりますね。

スポンサードリンク

2013/02/06~08のソロモンM7.1~7.8の地震の前後3か月

solomon4
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

11回も起きています。人災がないと忘れているものが多いですがM7以上とかもあるんですね。
2か月後に淡路島地震震度6弱が起きているのがインパクトあります。

2010/01/03のソロモンM7.1~7.8の地震の前後3か月

solomon5
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

1か月半後に沖縄本島近海M7.2で震度5強がインパクトあります。

2007/09/02のソロモンM7.2の地震の前後3か月

solomon6
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

11回起きています。2か月前に新潟中越地震、そして、その後マリアナ諸島でM7レベルが2回も起きています。

2007/04/01のソロモンM8.1の地震の前後3か月

solomon7
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

9回。1週間前に新潟中越地震が起きています。起きた後は、宮古島で続いています。

2003/01/20のソロモンM8.1の地震の前後3か月

solomon8
出典:気象庁データベースhttps://goo.gl/DpO2vf

3回と一番インパクトは小さいですが、2か月前に起きてはいますね。

スポンサードリンク

まとめ

期間の範囲が広いこともあるかもしれませんが
「ソロモン諸島でM7以上が起これば、日本も100%M6以上が前後3か月で2000年以降は起きている」
と言えます。

個人的に驚いたのは、「M7以上も」ということです。
すべてチェックするとM7以上もすべてに記載されていますね!

2000年以降M7以上は日本で56回だけです。
それが全てに入っているということで、絶対とは言いませんがやはり何等か関係あるのかもしれませんね。

ただ「東日本大震災」と「熊本地震」はかぶっていませんね。
場所も沖縄から千歳までかなり幅があるので、コレといった決まったパターンがあるわけではありません。

どらにせよ、地震の準備はしっかりと当サイトで提案する12項目をしておきましょう。

■関連記事

バヌアツの法則とは?熊本に影響?

ニュージーランドの地震と日本の関連は?

スマトラ島で地震!日本との関連は?前兆なのかを過去則で調べてみた

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー