災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

トカラ列島近海地震は何かの前兆か?南海トラフの前後等を調べてみた結果

トカラ列島近海で地震が時々、群発地震のように連続で起こりますね。

ネットでは「南海トラフの前兆か?」なんてつぶやかれたりしますが

実際過去の地震を調べて、前兆や前後の大地震について調べたことをシェアします。

スポンサードリンク

トカラ列島近海地震は何かの前兆か?南海トラフの前後等を調べてみた

2013年もそうでしたが、この記事執筆日の2016年12月7日もトカラ列島で連続的に小地震が起きました。
tokara1207

小さな地震ではありますが、よくトカラ列島近海での地震は目にしますので詳細に調べてみました。

ちなみに場所は鹿児島の種子島のさらに南西です。鹿児島県ですのでれっきとした日本の領土で

「南西諸島」とういわれる地域です。

火山性地震なの?

まず、「火山性地震では?」ということがよく言われます。

気象庁は明言していませんので、そうは言いきれないのですが、諏訪之瀬島の噴火が2013年からあり、最近も小規模の噴火はしています。

個人的には関係あると思っています。

南海トラフの前兆か?

最近、多くの人が地震が起こると南海トラフと結びつける兆候がありますね…。

それだけ南海トラフを恐れているということですが、個人的には前回の南海トラフである昭和地震の1944年と46年から

100年以上経たないと来ないと考えています。(もちろん地震に絶対はありませんが)

そこで1944年と46年の前後3か月にトカラ列島で地震が起きたかどうか調べてみました。
tokara5
出典;気象庁データベース
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/

2年という期間で、震度1以上、M1以上で調べて「0回」です。

これらのことから、過去の南海トラフの前後は全然地震が起きてないので前兆とは言い難いと言えます。1回も起きてないのはびっくりですね。

スポンサードリンク

過去はその後に鳥取で大地震

前兆、というテーマで過去にトカラ列島で大地震が起きた時の前後を見てみましょう。

トカラ列島の過去の地震

震度1以上、M5以上で調べてみました。
tokara1
tokara2 tokara3
出典;気象庁データベース
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/

M6.5が最高で、最大震度は2000年10月2日の震度5強となります。

それ以降は大きな地震は起こっていませんね。

震度5強時の前後を調べてみた

それでは2000年に震度5強が起きた時の前後3か月の震度5強以上の地震を調べてみました。

totori1
出典:気象庁データベース
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/

このように、前に新島・神津島近海(三宅島の近く)で大きな群発地震が起こっています。

三宅島は2000年の6月28日に大きな噴火が起きて、大避難をしたのが記憶に強いですね。

8月まで群発地震が続きそこから2か月後にトカラ列島で強い地震が起き

さらにすぐその後、鳥取で大地震が起きています。

 

偶然なのか、関連性があるのかは断言はできませんが、あくまでこういったことが過去にあったということです。

2016年も鳥取地震が10月にありましたのでトカラと関連あるのか?と疑ってしまいますね。

気象庁は明言していませんが、個人的にはやはり噴火と関連があるのではと思います。

2000年も三宅島の噴火に近いときに起こっていますし。距離はありますが、時期的に考えてしまいますね。

 

ということで、トカラ列島の「前兆」をテーマにまとめてみました。参考にしてください。

■関連記事

トカラ列島で群発地震!噴火は関係あるのか?過去1923年以降を振り返った結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー