災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

パプアニューギニアの大地震と日本との関連は?津波の影響も過去を調べてみた

2016年12月17日19時51分頃パプアニューギニア付近を震源とする大きな地震、M7.9が起きたことが報道されました。
津波については調査中とのことですが(影響なしとその後発表)、当サイトでも初めて扱う地域での大地震であるパプアニューギニアの
過去の大地震や、日本との関連、津波の影響について調べてみました。

追記>2017年1月22日13時30分頃にもパプアニューギニア付近を震源とする地震M8.0が起きました。(アメリカはM7.9と報道)
これも併せて記事に追記しておきます。

Sponsored Links

パプアニューギニアの大地震と日本との関連は?

2016年12月17日に起きたM7.9の地震の震源地は以下。

インドネシアの東の、パプアニューギニア、さらに北東の地域となります。
パプアニューギニアの首都であるポートモレスビー(邦人170名)の位置からは1780㎞ほど離れています。

papua_jisin
出典:googlemap

煽るわけではないですが、大きな地震がだんだん日本に近づくような位置ですね。
というのは、
11/13 ニュージーランドM7.8
12/7 スマトラ M6.5
12/8 ソロモン諸島 M7.8
12/17 パプアニューギニア M7.9
1/22 パプアニューギニア M8.0

ということで位置を見てみますと以下

4kainojisin
出典:UGSG https://goo.gl/0S7zuM 今回の星印は当サイトで書き加えました。

Sponsored Links

パプアニューギニアのここ20年のM7以上の大地震

アメリカ地質調査(USGS)で調べてみました。
地域の範囲を手動で選択するので、どこまでがパプアニューギニアの範囲か?というのがあいまいなため
正確性は保証できないのですが、以下の範囲で「M7以上」「1996年1月1日(20年前)」の条件で
ここ20年について調べてみました。

*ソロモン諸島がすぐ東にあるためそことは区別したいところ

範囲
papuanyu_iti
出典:USGS

過去20年M7以上(今回除く)
以下のようにこの20年で17回起こっています。

M7.5
位置:130km SSW of Kokopo, Papua New Guinea
日時:2015-05-05 01:44:06 (UTC) 深さ55.0 km

M7.5
位置:53km SE of Kokopo, Papua New Guinea
日時:2015-03-29 23:48:31 (UTC) 深さ41.0 km

M7.1
位置:eastern New Guinea region, Papua New Guinea
日時:2011-12-14 05:04:58 (UTC) 深さ135.0 km

M7.0
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:2010-08-04 22:01:43 (UTC) 深さ44.0 km

M7.3
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:2010-07-18 13:34:59 (UTC) 深さ35.0 km

M7.6
位置:near the north coast of New Guinea, Papua New Guinea
日時;2002-09-08 18:44:23 (UTC) 深さ13.0 km

M7.0
位置:New Britain region, Papua New Guinea
2001-10-31 09:10:20 (UTC) 深さ33.0 km

M7.8
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:2000-11-17 21:01:56 (UTC) 深さ33.0 km

M7.8
位置:New Ireland region, Papua New Guinea
日時:2000-11-16 07:42:16 (UTC) 深さ30.0 km

M8.0
位置:New Ireland region, Papua New Guinea
日時:2000-11-16 04:54:56 (UTC)深さ33.0 km

M7.0
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:1999-11-19 13:56:46 (UTC)深さ33.0 km

M7.1
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:1999-05-16 00:51:20 (UTC)深さ73.7 km

M7.1
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:1999-05-10 20:33:02 (UTC)深さ138.0 km

M7.4
位置:New Britain region, Papua New Guinea
日時:1999-04-05 11:08:04 (UTC) 深さ150.0 km

M7.0
位置:New Ireland region, Papua New Guinea
日時:1999-01-19 03:35:33 (UTC) 深さ114.1 km

M7.0
位置:near the north coast of New Guinea, Papua New Guinea
日時1998-07-17 08:49:13 (UTC) 深さ10.0 km

M7.2
位置:eastern New Guinea region, Papua New Guinea
日時:1997-12-22 02:05:50 (UTC)

出典:USGS

2000年前後に活発にあり、2010年前後にまた活発化していますね。
阪神・東日本・新潟中越・熊本とは時期がズレますのであまり日本の「人災のあった大地震」との過去則の関係はないです。

しかし、別記事でお伝えしたように、「ニュージーランド」「ソロモン」「スマトラ」とも
ここ数十年のM7以上で前後3か月の日本の大地震を調べると、人災のないものであれば、「M6.8以上」は100%起きています。

ソロモンから近いパプアニューギニアですので、ほぼ同じと見ていいでしょう。
今回は、気になる、2000年11月16日のM8.0の地震の前後の日本の大地震について調べてみました。

2000年11月16日のパプアニューギニアM8.0時の日本の地震

調べる条件としては、「M6.5以上」「気象庁の記録」「前後3か月」です。
すると1個だけヒットしました。

2000/10/06 13:30:17.9 鳥取県西部 9km M7.3 6強
出典:気象庁 データベース http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

この時も鳥取地震が起きていたんですね!

2016年の鳥取県中部地震10月21日ですから、約2か月前(1か月と26日)のところ
2000年の鳥取地震は10月6日ですから、約1か月前の(1か月と10日)ということで少し似ていますね。

パプアニューギニアでこの地震が起きた後は、日本で3か月以内に起きていません。

また今回の大地震は過去と位置が大きく違いますね!以下は過去20年の地震発生位置。
papua_kako
出典:USGS

そういう意味では過去とは違うものとして見たほうがいいような気もします。

2017年1月22日に起きたM8.0は過去のものからさらに東の過去に起こっていない島での地震となります。

出典:アプリ「ゆれくる」

今回は内陸の地震ということになります。ここ20年起きたパターンと違うように思えます。現地の人が心配ですね。

続きます。

Sponsored Links

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー