災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

ブラックアイスバーンこそ事故率が高い!雪道よりも危険な理由

雪道はタイヤがスリップして危険ですよね。多くの事故が雪道で

発生しています。ところで、「ブラックアイスバーン」という

路面状態をご存知ですか? 実は雪道よりも遥かに危険な

ものなのですが、あまり知られていません。ブラックアイスバーンに

ついて学びましょう。

スポンサードリンク


事故を招くブラックアイスバーン

路面状況で、雪道は危険だと多くのドライバーが認識してゆっくり

運転します。では、「ブラックアイスバーン」はどうでしょうか?

こちらは認知度が低く、言葉さえ知らないドライバーもいるかと

思います。

 

ブラックアイスバーンとは、路面に薄い氷の層ができて

道路が黒く見える場所のことです。「ブラックバーン」ともいいます。

この道路状況は新雪の雪道よりも危険とされます。

 

ブラックバーンは降った雪が解けたり凍ったりを繰り返してできます。

道路が濡れたように黒く光っているのが名前の由来です。単に濡れた

道路に見えても実は凍っているので、非常によく滑ります。表面は

クルマが通ることで、ツルツルに磨き上げられていることもあります。

 

こうなると、路上はすっかりスケートリンク状態です。スタッドレス

タイヤでもノーマルタイヤよりはマシという程度にしかグリップ力を

発揮できません。

 

そして、怖いのはブラックアイスバーンは単に濡れた路面にしか見えない

という点です。ドライバーが、単に濡れた路面のつもりで

ブラックアイスバーンの上を走っていることがあるのです。最も危険な

路面を、単に濡れた路面のつもりで走行しているのです。寒い夜に

濡れた路面を見かけたら、ブラックアイスバーンだと思って走行したほうが

いいです。濡れた路面とブラックアイスバーンは、走ってみると音が

違うので区別できます。濡れた路面は水が弾ける音がしますが、

ブラックアイスバーンは無音です。

スポンサードリンク


マイペースで運転しよう

自動車の運転は「流れに沿って」という考え方もありますが、クルマの性能や

ドライバーの技術はバラバラです。そうすると同じように走ることのほうが

不自然です。特に雪道ではクルマの性能やドライバーの技量にあわせて、

マイペースで走りましょう。

 

後続車が車間距離を取ってくれない場合も

カリカリせず、適当な場所で道を譲ってあげればいいだけのことです。

 

筆者にはこんな経験があります。後ろからクルマが煽ってきて

危険だと感じたので私は道を譲って先に行かせました。

しばらく走ると、先ほどのクルマが雪に

突っ込んで立ち往生していました。

雪道、アイスバーンでは意地をはってスピードを上げていたら、

自分があのようになっていたわけです。

いかにマイペースでいくか、心のゆとりが大切です。

 

ところで朝ドラの『花子とアン』に出ていた校長は…

ブラックバーン校長でしたね…。

■関連記事

アイスバーンを溶かすために絶対やってはいけない3つの事例!自衛隊も失敗!

アイスバーンの歩き方!雪国のご老人に学ぶコツ!

アイスバーンをノーマルタイヤで走らざるを得なくなった時の話

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー