災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

ベヨネース列岩噴火警報で海底火山や地震が心配!領海内の新島はどうなった?

ベヨネース列岩(れつがん)の噴火警報が2017年3月24日発表されました。
戦後たびたび噴火を繰り返しているベヨネース列岩ですが、今回は今までなかった異常も確認されているとのことです。
また、領海内の新島が昔話題になりましたが今どうなっているのでしょうか?
今回は、ベヨネース列岩噴火警報の詳細と新島の今についてまとめてみました。

Sponsored Links

ベヨネース列岩噴火警報で海底火山や地震が心配!領海内の新島はどうなった?

ベヨネース列岩ですが、時々映画なんかでも出てくる名前です。
最近では小笠原諸島近くの西之島の噴火が記憶に新しいですね。新島までできましたし。

ベヨネース列岩の噴火警報

ニュースによると24日、海上保安庁の航空機がベヨネース列岩の付近で海面が黄緑色に変色しているのを見つけました。
これを受けて気象庁は、今後小規模な海底噴火が発生する可能性があるとして噴火警報を発表。海上保安庁も航行警報を発表し、周囲の船に警戒を呼び掛けています。
ベヨネース列岩は戦後たびたび噴火を繰り返してきましたが、海面の変色が確認されたのは29年ぶりのようです。

ベヨネース列岩の歴史

ベヨネース列岩は伊豆諸島の岩礁群で東京都に属しています。
1846年に発見
1896年以降、火山活動による海面異常や海底噴火が発生し、
1900年代にはその影響で新島も出現しました。

この新島は青ヶ島絡も遠望できるほどに成長したようです。
新島を生み出すほどに活発な海底火山だったとは驚きですね。
火山国の日本ならではで、自然の壮大さを感じます。

領海内の新島はどうなった?

ベヨネース列岩の影響で新島が出来たことは当時話題になったようですが、その後島はどうなったのでしょうか。
調べてみると、どうやら新島はその後火山の爆発や波の浸食により現在まで安定した新島は築けていないようです。

地震との関連

小笠原諸島でM8.1(深さ681km)が起きたことなどが思い出されます。
ただしM8が2015年に起きた時も特に死者は出ませんでしたが、負傷者13人が出たと報告されています。
ただ、あれは私もすごく記憶にあり非常に気持ち悪い揺れで「ゆ~らゆ~ら」という横にゆっくり揺れる感じでした。
そして、なぜか神奈川県二宮町が震度5強で、場所による震度の違いに驚かされたものです。
地盤が強い弱いが関係あるかと思いますが、日本列島への影響は地震よりも「津波」でしょう。
もし2015年に津波が起きていたら…と思うとゾっとするのは私だけではないでしょう。

実は、東大名誉教授であります村井氏が「南関東」を警戒レベル5と、最大にしているのはここに近いです。
村井氏はGPSで隆起と沈降を見ているわけですが、それを元にもっとも歪んでいるというのが
今回のベヨネース列岩のもう少し北のほうで八丈島とかそのあたりであります。

これについては次回の村井氏のメルマガで触れられないか注視していきたいと思います。
当サイトでも4月の地震前兆の記事でそのへんについて書いていきます。(4月1日にアップ予定)

Sponsored Links

ベヨネース列岩での噴火警報に対する反応

ベヨネース列岩関連のネットの反応は、「わくわく」という方が多いですね。災害との関連などは特に心配してない人が多いです。

「また騒がしくなってきたの?」
「大きな地震とかにならなければいいけど」
「近年いっぱい噴火してるんだね」
「あの辺いい漁場だから漁船も危ないかも」
「新しい島ができそうでわくわく」
「ベヨネース列岩ってどこ」
「西ノ島並みの火山島ができないかなあ」
「マヨネーズみたいな名前だな」
「青ヶ島に旅行する予定だけど噴火の影響なさそうでよかった」
「明神礁と言う方が馴染みがある」
出典:twitter

噴火の可能性があるとして警戒を強めているようですが、たしかに大規模な噴火や地震との関連性が怖いところです。
中には新島の形成を楽しみにしている人もいるようですが、今までの傾向から考えると今回の噴火でまた新島ができたとしても崩壊や浸食を逃れて大きく成長するのは難しいのではないでしょうか。

西之島の新島のことを考えても、恐らく人災に影響があることはないかとは思います。
過去の小笠原諸島西方沖地震に関しても、津波が発生していないです。

ただ、絶対はありませんので、今後の情報を注視していきたいところ。

■関連記事

鬼界カルデラ巨大噴火した時の被害とその歴史に驚愕!危険火山トップ10に日本は2つも

カンピフレグレイ噴火したらどうなる?過去の事例から見る恐怖

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー