災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

ラニーニャ現象で日本が猛暑になるのはなぜ?低気圧は少ない?シャレにならない熱中症の被害者数!

今年2016年はラニーニャ現象で猛暑になる可能性があると気象庁が発表しています。

ラニーニャ現象が起こると日本では何故猛暑になるのでしょうか

低気圧はどうなってしまうのでしょうか。

スポンサードリンク


ラニーニャ現象が起こるとなぜ日本で猛暑が起こるのか。低気圧は?

ラニーニャ現象について簡単に説明しますと

エルニーニョ現象とは逆で、南米ペルー沖の海水温が平年よりも下がってしまう現象です。

そして一度起こってしまうと2,3年は続くと言われています。

 

海水温が下がることで、太平洋の東と西でシーソーのようになります。

つまりラニーニャですと太平洋の東であるペルーが低気圧気味になることで、西が高気圧になりやすくなるのです。

高気圧、つまりはカラっと晴れやすくなるということです。もちろん絶対に毎日晴れるとかそういうことではなく

傾向としてそうであって、さらに普段と違うのでどんな異常気象が持たされるか謎だということです。

天気予報が外れることがよくあるように、自然のことは予測不能です。異常気象によって局所的に変なことが起こるのは

エルニーニョと同様にあるのです。個人的にはスーパー台風が日本に上陸しないかだけが怖いです。

 

過去には2010年にもラニーニャ現象が起こっています。

ラニーニャ現象が起こると日本では空気が乾燥してしまう日が多くなり

雨が少なくなります。それにより梅雨も短くなってしまいます。

 

晴れの日が多くなるために、猛暑が襲ってくるという感じです。

逆に、冬には寒さが一層厳しくなり、雪害が増えてしまいます。

低気圧はもちろん全く発生しないというわけではありませんが基本的には高気圧中心の天気になると見ていいです。

 

それにしても夏は熱くなり冬は冷え込むとは厄介な現象ですね。

夏の猛暑も嫌ですが冬の冷え込みも辛いですね。

ところで、2010年のラニーニャ現象はどんな感じだったのでしょうか。

過去のラニーニャ現象について振り返ってみます。

スポンサードリンク


過去のラニーニャ現象について

2010年の猛暑は観測史上最高の猛暑となったのです!

熱中症で倒れてしまった人も5月31日~10月3日の間に5万6184人に達しました。

これは昨年と比べて4.2倍という数字でした。

 

更に私たちの生活にも社会現象として以下の影響が出ていたようです。

・ガリガリ君が猛暑の影響で1日150万本売り上げた時もあり、品薄になった。

・サントリー発売のオールフリーが猛暑の影響で製造が追いつかなくなり品薄になった。

・猛暑の影響でスギ・ヒノキがよく育ち、翌年の花粉症が例年よりも飛散した。

・養殖物が海水温度の上昇で大量に死んでしまった。→ホタテ・牡蠣などの値上げ

・鮭の漁獲量の現象。

・野菜の成長遅れでトマト・ネギなどの野菜価格が高騰してしまった。

他にも猛暑の影響でマツタケが大豊作になったようですが

同時に毒キノコも大量発生してしまい食中毒に合った人も増加したという事態も起こりましたね!

 

2010年は熱中症による死者数が過去最高だった!

例年よりも野菜などが高騰するのでお金にも負担が掛かる上に

猛暑の対策をしなければならないという事です。

例年、熱中症で大変だというニュースがあり、去年も大変でしたがそれ以上です。

子供が野外スポーツやっている方だったり、ご自分で外にスポーツする際には十分に対策しなければ

本当に命に関わることです。

熱中症による死者数は、1993年以前は年平均67人のところ、1994年以降は年平均492人となっており

2010年は熱中症による死者も過去最高で1,745人(男940人、女805人)となっております。

最近はスプレーやスカーフなど冷感グッズもかなり役に立つ物が多いですが

まずは熱中症の基本知識も必要です。

親御さんは事前に勉強しておく必要があるでしょう。

今年の夏は構えていきましょう。

■関連記事

エルニーニョの反対のラニーニャ現象があまり報道されない理由!

熱中症対策グッズの子ども用リスト!ラニーニャによる酷暑に備えよ!

スーパー台風の定義と、被害が日本でもしあったら…今後確実に我々も経験する!!

過去のスーパーエルニーニョの被害を見てみよう!そういえばそんなことがあった!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー