災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

リオデジャネイロの気候について!オリンピックの季節は冬!服装はこれ

今年はオリンピックの年。開催地はリオデジャネイロ!

現地に行って日本選手を応援ようかと考えているのですが

リオデジャネイロの気候ってどんな感じなのでしょう・・・?

気になった筆者はリオデジャネイロの気候についてまとめてみました。

スポンサードリンク


リオデジャネイロの気候について

まずはブラジル全体の気候についてですが国土の93%は熱帯地域で

リオデジャネイロを含む大西洋沿岸は全体的に温暖だそうです。

次に四季についてですが

春:9月中旬~12月中旬

夏:12月中旬~3月中旬

秋:3月中旬~6月中旬

冬:6月中旬~9月中旬

 

なのでオリンピックが開催される時は、丁度冬真っ盛りという感じですね。

なお、8月のリオデジャネイロの平均気温は22℃平均最高気温は26℃平均最低気温は19℃とのこと。

ちなみに8月の平均降水確率は51mmと参考サイトの表の中では一番低くなっています。

参考サイト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%87%E3%82%B8%
E3%83%A3%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%AD#.E6.B0.97.E5.80.99

また、気温が天気にかなり左右されやすく

夜になったり雨が降ったりすると冷え込むとの事です。

日本の冬ほど寒くはないですが油断していると風邪をひいてしまうかもしれませんね。

スポンサードリンク


リオデジャネイロの気候に対する服装

では、実際に6月~8月にリオデジャネイロへ行った人は、どんな服を持って観光したのかまとめてみました。

重ね着→様々な気温の変化に対応するため・カーディガン→夜になると急に冷え込むため。寒がりな方にオススメ

半袖シャツ+薄いウィンドブレーカー

軽いコート→雨が多い日は特に気温が下がり、朝晩は10℃を切る時があるため

 

人によって大きく意見が違う辺り、そのくらい気温の変動が激しいという事なのでしょう。

ただ基本的には日本の夏の服装で大丈夫との事です。

また、冬でも日中は気温が上がるために、雨が降らなければビーチを楽しむ事ができるみたいです。

 

いかがでしたか?

せっかくのリオデジャネイロ観光ですので

あらかじめ気候を把握しておいて、対応することで

風邪を引いたり体調を崩さずに楽しんでいきたいところですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー