災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

家庭内流通備蓄の備蓄品の保管場所どうしてる?

大災害発生時、備蓄品の有無で生活に大きな差がでます。国は1週間分の

備蓄を推奨しています。ところが、意外と困るのは備蓄品の保管場所

なのです。備蓄品にいい保管場所はどこでしょうか?

スポンサードリンク


備蓄品の保管場所

「家庭内流通備蓄」という考え方があります。これは、普段から備蓄を

行うのですが、新しい物を買ったときにそれを備蓄に回し、備蓄のなか

から消費をするということです。

 

こうすることで食料品などの賞味期限や

消費期限切れをなくします。そうなると、食料品などを押入の奥に

保管するというのは、あり得ない選択肢になります。

 

普段から消費する食料品と同じ場所に置いておかねばなりません。備蓄品なので、ほとんどが

レトルト食品やインスタント食品でしょう。レトルト食品やインスタント食品を

収める棚を一つ用意して、そこに保管するのがおすすめです。

 

そんな棚置く場所がないよと言われそうですが、横方向に空間を使っていることは

多いですが、縦方向に空間が開いていることが多いです。縦に高い棚が

オススメです。

 

ただし、大地震で倒れてくることがないように、しっかりと

固定器具で固定しておきましょう。賃貸物件だと、もともと部屋の容積は

小さめですし、壁に穴を開けることもできないので少々条件が厳しいですね。

 

食料品については、これで大丈夫です。次に水ですが、水についても

家庭内流通備蓄を行います。重い物なのでこれは床くらいしか置く場所は

ありません。ケースを積み重ねて保管もできますが、崩れない程度の段に

しましょう。

 

次にカセットコンロやラジオ、それを使うためのガス・電池の備蓄についてです。

これは、一つの袋に入れておきましょう。そして分かりやすい場所に置きます。

大災害が発生するのは昼間とは限りません。夜間に大災害が発生したら、

真っ暗の中袋を探さねばなりません。手探りでも安全に袋を取れる場所が

適しています。例えば押入の下段などです。

スポンサードリンク


天井まである棚を設置しよう

置き場所に困ったら天井まである棚の設置を考えてみましょう。

ホームセンターなどで販売されている上を突っ張り棒で支える方式のものです。

これまで低い棚が置かれ、上がデッドスペースになっていたのが、これからは

収納スペースとして活躍します。

 

ただし、地震の際には高い位置にあるものは

凶器になりかねません。位置エネルギーが運動エネルギーに変わると、その力は

侮れません。硬い角がある箱などは置かないようにしましょう。ホームセンターで

販売されている柔らかい収納ボックスがおすすめです。見かけは悪くなりますが

段ボールでも大丈夫です。

 

他の注意点は、天井につける突っ張り棒ですが、力を入れ過ぎると天井が浮き

上がってしまいます。できれば鉄筋コンクリートなどの構造のある場所に設置したい

ものです。それ以外の場所では、少々控えめに突っ張り棒を使いましょう。

 

妻へのアドバイスは要注意

正直なところ家庭内流通備蓄に関しては、男の役割というよりは

家事を担う妻の役割の方が多いですよね…。

男が家事のことをとやかく言うと妻に角が生えるのであまり余計なことを言えないので

知った顔をしてアドバイスするのは絶対いけません。

ニュースやこういった記事をそれとなく見せて、危機感を伝えることが

一番良いのでしょう。

■関連記事

地震時の家庭での備蓄リストを作ってみた!いつかその時のために!

地震で断水!トレイが使えなくなった時の話!これは今すぐ対策したい!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー