災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

函館地震の余震状況!1978年以来の群発地震か?

函館地震が16日14時21分頃起こってから数日経つが

小さな余震が続いている。

群発地震のような今回の状況は1978年以来である。

詳しい状況を比較してみよう。

Sponsored Links

函館地震の余震状況!

それでは2016年6月16日14時21分頃、内浦湾で深さ11kmM5.2が起きて以来の

余震状況を振り返ってみよう。

気象庁のデータと18日以降は速報値によると内浦湾では6月19日朝までは18回の余震が起こっている。

2016/06/21 00:10:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M4.0 震度4
2016/06/20 21:10:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M2.2 震度1
2016/06/20 11:18:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M2.1 震度1
2016/06/19 23:03:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M2.0 震度1
2016/06/19 12:53:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M1.9 震度1
2016/06/19 07:07:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M2.2 震度1
2016/06/19 00:13:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M1.7 震度1
2016/06/18 22:47:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M1.9 震度1
2016/06/18 20:20:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M2.2 震度1
2016/06/18 11:49:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M1.7 震度1
2016/06/18 01:33:00.0 内浦湾 41°5 ′N 140° ′E 10km M2.1 震度1
2016/06/18 00:27:00.0 内浦湾 41°5 ′N 141°5 ′E 10km M2.0 震度1
2016/06/17 19:43:01.0 内浦湾 41°55.3′N 140°58.3′E 11km M1.8 震度1
2016/06/16 20:52:01.9 内浦湾 41°57.5′N 140°59.5′E 11km M2.1 震度1
2016/06/16 19:58:36.6 内浦湾 41°56.6′N 140°58.7′E 9km M3.3 震度3
2016/06/16 19:47:49.1 内浦湾 41°56.4′N 140°58.6′E 10km M2.1 震度1
2016/06/16 17:36:18.1 内浦湾 41°55.7′N 140°59.5′E 9km M1.8 震度1
2016/06/16 17:07:58.0 内浦湾 41°56.4′N 140°58.4′E 10km M2.3 震度2
2016/06/16 15:34:50.1 内浦湾 41°56.6′N 141°00.5′E 10km M1.9 震度1
2016/06/16 15:13:28.6 内浦湾 41°56.7′N 140°59.6′E 10km M2.0 震度1
2016/06/16 14:42:17.9 内浦湾 41°56.2′N 140°59.5′E 10km M2.6 震度2
2016/06/16 14:25:28.2 内浦湾 41°56.4′N 140°59.0′E 9km M2.3 震度1
2016/06/16 14:24:23.9 内浦湾 41°56.2′N 141°00.1′E 9km M2.4 震度1
2016/06/16 14:23:30.3 内浦湾 41°55.2′N 141°00.8′E 10km M3.3 震度2
出典:http://goo.gl/qlQgLJ

*7/15現在も継続的に余震は起きていますがきりがないので記載は終了します。
本震以降、7/15までの余震は36回となります。

確かに熊本などと比べると規模は小さいのではあるが、

今年は1度しか地震が起きていないところで急にこれだけの群発地震が増えたわけで心配になるものだ。

Sponsored Links

1978年の群発地震の状況

報道では1978年から1980年末まで珍しくこの地域で群発地震が起きて以来の地震だと言われている。

そして、この地域での震度6弱以上が起きる確率が0.99%に上昇した。

それでも1%に満たないということなのか、という感じにはなる。

しかし、筆者の方であらためて1978年から1980年末の地震を調べてみたところ

内浦湾を震源とするものは1回しか起きていない。

 

函館で揺れたものをデータから抽出すると、報道のように数十回の群発地震ということになる。

「内浦湾での群発は初めて」だ。というのが私は正しい報道だと思う。

 

1978年から1980年末まで函館が揺れた地震をピックアップすると視覚で見ると以下のようになる。

宮城沖M7.4も含まれる。

hakodate
出典:http://goo.gl/stCtnF

近くの津軽海峡を震源とするものが1番多く、近いところの震源は

最低M2.7
最高M5.7

となる。

函館の揺れ全てを含めると66回。

遠い震源を外すと47回の群発地震と言える。

あくまで定義が曖昧なので、これは正確な数字という捉え方とは違うが

ざっくりとこのようになる。

 

過去則から言うと、これ以上の人災はなさそうだが

発生確率1%以下で震度6弱が起こってしまうという今回の教訓を活かして行きたいものである。

■関連記事

函館地震の今後の影響と被害状況について!超短時間の揺れだった!?

北海道内浦湾で震度6弱!予知予測はされていたか?

地震予言2016科学者から予知者まで公開!意外と抜けている重要地域が北海道

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー