災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

南海トラフの広島の被害想定を確認してみた!津波はここにも来るのか!

連日のように聞く言葉「南海トラフ地震」
この「南海トラフ地震」が起こると莫大な数の死者、被害を出すと言われています。

2016年に国内で発生した地震は多く、

4月熊本県震度7、
6月北海道震度6弱、
10月鳥取県震度6弱、
11月福島県震度5弱

と震度の高い地震もあり、日本国民は誘発して「南海トラフ地震」が起こるのではないか?とニュースなどで私たちは脅かされました。
しかし、危機感を持つことはとても大切です。
今回は政府が出している被害想定のデータを使用し、広島県の危険度を確認しました。

スポンサードリンク

南海トラフの広島の被害想定を確認してみた

南海トラフの被害想定を政府の想定データをもとに朝日新聞がまとめたサイトがあります。
ご自身の地域の想定を見ることができます。

今回はそのサイトを利用して、「広島」に限定してその被害想定をまとめてみました。

データの出典:http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor5

南海トラフ広島の危険度は?全国と比べて

朝日新聞の被害想定サイトによる広島県の死者数は800人で全国で20位となっています。
他の県を見てみますと、
・1位 静岡県  10万9,000人
・2位 和歌山県 8万人
・3位 高知県  4万9,000人

広島県は、他県に比べると死者数は少ないように感じられますが、中国地方では他県に比べ死者が多い傾向にあります。

市町村別震度は?

では、市町村ごとの震度はどうでしょうか。

震度6強

・竹原市
・三原市
・尾道市
・福山市
・大竹市

震度6弱

・中区
・東区
・南区
・西区
・安佐南区
・安芸区
・佐伯区
・呉市
・府中市
・東広島市
・廿日市市
・江田島市
・安芸郡府中町
・安芸郡海田町
・安芸郡坂町
・豊田郡大崎上島町

震度5強

・安佐北区
・三次市
・庄原市
・安芸高田市
・安芸郡熊野町
・山県郡安芸太田町
・山県郡北広島町
・世羅郡世羅町
・神石郡神石高原町

やはり揺れは地盤の強さによるようですね。

さらに数字をみていきましょう。

スポンサードリンク

南海トラフの広島県全体の被害想定状況

具体的な広島県の被害想定の数字をまとめると以下のようになります。

・死者数       800人
・全壊建物      2万4,000棟
・浸水面積      10.9平方キロ
・停電数       170万軒
・避難者数(1日)  10万人
・避難者数(1週間) 18万人
・津波発生予想
  市名/最大津波高/津波(1m)到着最短時間
  呉市/4m/161分
  福山市/4m/231分
  東広島市/4m/369分

津波についてはここまでもこんなに高いものが来るのですね。(津波は50cm以上で人はなくなります)

私の弟が一人暮らしをしている広島県で、このような被害状況だと知り不安な気持ちが増してしまいました。
あまり被害はないのだろうと勝手に思う節がありました。
というのも太平洋側から津波が来ても四国で止まるだろう、とかとにかく楽観的に考えていました。

地震は突然やってきます。
私が楽観的になったのは、普通のことで「正常性のバイアス」という人間だれしもが持つ性質のようです。
今回はこのデータをもとに危機感をもって準備しましょう。

巨大地震が起こると、交通網だけでなくライフライン、インターネットさえも今の様に自由に使うことはできません。
地震の備えとして大切なことは食料確保もですが、地震が起きた際に避難する場所、家族間で連絡を取る方法を考えておくことも大切です。
詳しくは当サイトの「絶対知っておきたい12項目」を参考にしてください。

■関連記事

日向灘で探る南海トラフ地震の前兆!過去一覧表を作ってみた

地震前兆の最新情報12月!村井・早川氏・過去則・オカルトの3つをまとめてわかること

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー