災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

南海トラフの熊本県の被害想定をまとめてみた!

熊本地震が起きてから1ヶ月半が立ちます。

余震が0にならない非常に稀な地震で、

今はそれがどう他の大地震につながっていくかというのが気になるところです。

熊本地震は南海トラフとは直接関係はしないだろう、という話が根強いですが

一部は、熊本→日向灘→南海トラフと、間接的に影響するという人もいます。

もし南海トラフ地震が起こった時、現在大変な状態である熊本は大丈夫でしょうか?

今回、南海トラフ地震が起こった時の熊本県での被害想定をまとめてみました。

スポンサードリンク


熊本県での南海トラフ地震の被害想定についてまとめてみた

出典にありますように、朝日が南海トラフ地震について地域別に検索しやすいものを出していました。

データ元は2013年に国がまとめたもので間違いないでしょう。

*2016年になって、また基準を見なおそうという話しもありますので、将来的に予想の数字は変わるかもしれません。

今回は、熊本県の、熊本市、阿蘇市、天草市に絞って被害想定を載せました。

■南海トラフの熊本県の被害想定

●熊本市

最大震度・・・5強
津波・・・心配なし

●阿蘇市

最大震度・・・6弱
津波・・・心配なし

●天草市

最大震度・・・5強
津波・・・4m
津波到達時間・・・131分

出典:http://goo.gl/Y5bxLB

●熊本県の被害想定

死者・・・20人
建物倒壊・・・3200棟
浸水面積・・・3.1平方キロメートル
直接被害額・・・4000億円
避難者数・・・1万2000人
断水・・・8万3000人
下水道・・・1万5000人
停電・・・300軒

なるほどです。

熊本の方でも震度5強や6弱もの地震が起きて津波も来るのですね。

阿蘇の方では火山が噴火も気になってしまいます。今回は阿蘇山が噴火までに至らなくて良かったですが…。

どちらにせよ、被害は大きいことに変わりありません。

スポンサードリンク


熊本の失われたくない景観

熊本県は山と海どちらとも恵まれている自然豊な県です。

馬刺しが有名で、熊本市内では路面電車が走っています。

特に阿蘇山周辺は自然が美しく火口は青く染まっています。

天草市では魚介類が有名です。

 

熊本ー鹿児島間を結ぶ肥薩おれんじ鉄道

電車に乗りながら豪華な食事を楽しめる

おれんじ食堂という名前の特急が走っており

その路線から眺める海の景色は非常に綺麗で、復興貢献への観光として

是非訪れて欲しいところです。

 

いかがでしょうか。

熊本県は自然に恵まれた非常に良い県です。

津波は影響ないものと思っていましたが、さすがに海側の天草には

影響ありそうですね。

あくまで国が大きめの想定をした上でのものですので

どうなるかはわかりませんが、とにかくそれぞれ防災として

出来るだけの準備はしておきたいものです。

■関連記事

日向灘で探る南海トラフ地震の前兆!過去一覧表を作ってみた

単純に熊本地震の原因は?南海トラフに通じる可能性について

南海トラフ地震の津波は東京に被害をもたらすのか?意外な例外とは?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー