災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

南海トラフ地震の神奈川の被害想定を確認!あの都市も危ない!

南海トラフ地震が迫っていることが連日テレビで取り上げられます。

国の被害想定をしっかりと把握していますか?

来た後に準備をするのではなく、来る前に、たとえ大したものが来なかった結果になったとしても

しっかりと対策しておきましょう。今回は神奈川県の被害想定を確認しました。

スポンサードリンク


南海トラフ地震による神奈川県の被害想定について

南海トラフ地震の国が2013年に試算した

被害想定について、神奈川県の数値を確認します。

都市別に出していますので、今回は3つ主な市をピックアップします。

細かい他の市町村についてはリンク先からも確認出来ます。

■横浜市中区

最大震度・・・6弱
津波・・・3m
到達最短時間・・・63分

■相模原市中央区

最大震度・・・5強
津波・・・心配なし

■茅ヶ崎市

最大震度・・・6弱
津波・・・5m
到達最大時間・・・31分

出典:http://goo.gl/my9HSL

■神奈川県の被害想定

死者・・・2900人
建物倒壊・・・4000棟
浸水面積17.3平方キロメートル
被害額・・・7000億円
避難者数・・・7万7000人
断水・・・23万人
下水道・・・21万人
停電・・・4万7000軒

出典:http://goo.gl/my9HSL

なるほどです。

地域によって最大震度や津波の大きさが

ここまで変わってくるのですね。

5m級の津波と聞くと、東日本大震災の20m級と比較すると小さく感じるかもしれませんが

0.5mの津波で人はしにます。5mもすごいことです。

あくまで、最悪の被害想定ではありますが、こういう心構えでるべきでしょう。

スポンサードリンク


神奈川県といえば

神奈川県は人口の一番多い街である横浜が有名です。

江戸時代から港町として栄えてきて現在は代表的な街となりました。

特に中華街やレンガ倉庫は全国的に有名だと思います。

 

中華街の敷地内にある横浜スタジアムでは

横浜DeNaベイスターズ主催の試合観戦を楽しむ事が出来ます。

また茅ヶ崎はサザンオールスターズの聖地としても有名ですね。

湘南、という言葉は人気で海辺に住みたいセレブの根強い人気の街でもあります。

 

また関東大震災の震源地は実は東京ではなくて

神奈川県の西にある大井町なのです。これはあまり知られていませんが

神奈川県は首都直下地震の記事でも紹介したように

東京よりも被害想定は大きい県なのです!

 

2015年12月に村井教授が大井町のGPSの異常値に焦り、思わずツイートをしたのが

記憶に新しいです。特にその後大きなものは起きていませんが半年は注意が必要です…。

 

いかがでしょうか。

南海トラフ地震が起こり、最悪の事態になると

美しい港町、横浜の景観も失われる可能性が高いのでそう思うと心苦しいです。

とにかく、出来ることは防災です。

地震そのものでしぬのではなく、8割は家具の圧死です。家具は固定されていますか?

津波の非難場所は家族で話し合われていますか?

事前準備をしっかりとやっておきましょう。

■関連記事

首都直下型地震の確率はここを見よ!東京よりあの県の方が危ない!

日向灘で探る南海トラフ地震の前兆!過去一覧表を作ってみた

単純に熊本地震の原因は?南海トラフに通じる可能性について

南海トラフ地震の津波は東京に被害をもたらすのか?意外な例外とは?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー