災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台湾地震で台北への影響はどの程度か?

2016年2月6日に発生した台湾地震で、台南市では地上16階建ての集合住宅が

倒壊し、現在も救助活動が続けられています。人間が閉じ込められてから

生死のラインを分ける72時間が既に経過し、あとは奇跡を待つしかありません。

ところで、台湾の臨時首都の台北市への影響はあったのでしょうか。台北都市圏は

世界でも有数の規模の都市圏で、台北に出張している方も多いはずです。

スポンサードリンク


台湾地震での台北への影響

では早速、台北への影響を見てみましょう。最初に台北がどのように揺れたか

見てみましょう。

http://www.cwb.gov.tw/V7/earthquake/rtd_eq.htm

これは台湾中央氣象局の情報です。

 

台北都市圏は台湾の北端にある地域で、

北にある3つの行政区からなります。北端にあって、中央をぐるっと囲まれた

場所があります。その中心部分が台北市で、その周辺は新北市です。台北の

東にある海に面した場所は港町の基隆市です。この地域の都市圏人口は

およそ700万人で、台湾の人口の30%がこの地域に集中しています。

 

この地域ですが、上の画像では数字がありません。台湾の震度は6段階で、

日本の旧震度と同じです、日本で震度5と6は「弱」「強」に分けられますが、

それがないだけです。表示がないということは、台湾の震度0。つまり全く

揺れていないことになります。

 

今回の地震で、台北への直接被害はありません。

ご家族や親戚が台北へ出張の方、観光でお出かけの方、ひとまず安心できましたね。

尚、最大の揺れで台湾震度6を記録したのは、雲林県の草嶺という地域です。

台湾第二の都市、高雄は震度5の揺れを観測しています。台湾震度では

5弱と5強がないので、どちらかわかりません

 

。震度5弱と5強では体感も

被害もまるで違うので、日本では分けられたのですが、ここは台湾の震度なので

どちらかはわかりません。こちらへお出かけの方が

いる場合は、念のために怪我がないかくらい確認が取れれば安心ですね。

  ・5/12 台湾付近でM6以上が連発!12日朝もM5.8で前震の心配!日本への影響は?

スポンサードリンク


台北への直接被害以外の影響

直接被害を免れた台北ですが、地震での間接被害は免れないようです。

台南、高雄などの都市では、ある程度の地震による被害があると思われ、

この地域の企業と取引がある企業では、製造ラインが止まるかもしれません。

 

また、観光に影響がでると考えられています。台湾への観光客は短期的に減ると

考えられます。台湾高速鉄道(台湾版新幹線)は台中市以南の営業を一時停止して、

一時混乱しましたが、こちらは9日現在平常運転されているようです。

 

1999年以来の大地震でしたが、それなりに対策もされていましたので

一部のビルで大々的被害を受けましたが、ありえない、というところまでは行っていないようです。

しかし72時間を過ぎ助からなかった命もあるところで

なんとも言えない心境です。

■関連記事

5/12 台湾付近でM6以上が連発!12日朝もM5.8で前震の心配!日本への影響は?

台湾地震で明るみになる欠陥建築はどのくらいの割合であるのか!?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー