災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風1号進路予想図!米軍・ヨーロッパの最新情報!越境台風がやってくる

台風1号進路予想図!米軍・ヨーロッパの最新情報をお届けます。
2016年初の台風が越境台風となりそうだ。
遠く日付変更線の向こう、ハワイの下にあったジョンストン島の雲が
台風となり越境しようとしています。これが1月16日にでも台風1号となる可能性があります。

<<追記>>
このハリケーンは急激に方向を変え、ニュージランドに向かったため
越境台風として日本の域内に入ることはありませんでした。
台風1号1月に発生せず19ヶ月連続で止まる!過去の記録を振り返ってみよう

スポンサードリンク


台風1号進路予想図!米軍・ヨーロッパの最新情報

台風1号は変なところにありますが台風1号になるのは確実のようです。

現在上記のジョンストン島の南西で米軍の最新情報によりますと以下の進路となります。

032_thum-535x355
出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/

真ん中の黒い線が日付変更線です。+9時間なので

16日には超えて台風1号となる可能性が大です。(それまでは定義上ハリケーンとなります)

それなりに勢力も強くなっていますが

さすがに普通に考えると日本の影響はないはずです。

 

が、この異常気象ですから何が起こるかはわからないというところ。

今回ヨーロッパの予想を見ますと16日に下のほうにちょろっと見える程度で北上はしないようです。

201601taufu02
出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/medium/mean-sea-level-pressure-wind-speed-850-hpa-and-geopotential-500-hpa?area=Asia&step=24&relative_archive_date=2015070312&parameter=Wind%20850%20and%20mslp

17日以降23日まで予想がでていますが、台風はこの範囲の見えるところには現れません。

あくまで予想で今後変わる可能性はあります。

スポンサードリンク


台風1号の凄さ

今回台風1号が越境台風となってやってきたら

20ヶ月連続で台風発生となります。

今回の台風1号(ハリケーン1号でもある)は以下の特徴を持ちます。

・発生した海域において、観測史上最も早い記録
・過去最も南に位置している
   >>>異常なのは北緯4.7度。これまでの定説で台風が出来るには北緯5度以上でないと地球の自転上出来ないと言われていた。なので異常なのだ。
・ハリケーンになったのは12日で、この地域での発生は史上最早

ということで異常だらけということです。

しかし、史上最強のエルニーニョも、蓋を開けてみれば過去3番目の強さだったということです。

異常だらけだったと思うのですが、過去にこれ以上があったのですね。

 

10000kmを移動した台風

台風1号は日本に影響はないと思われるが、今までハリケーンが日付変更を超えて

日本の近くまでやってきたケースはある。

2006年台風12号だが、ハワイ諸島の南方で発生して(今回と同じ)

ゆっくりと時間をかけて日本の近くまでやってきた。

その距離10000km以上。

17.8日も生きた台風である。(ちなみに最長は19.25日

それは10月の出来事であり、1月で日本の近くは寒いので

さすがにそれはないと思うが、

この異常気象の象徴である台風1号を恐れたいところである。

■関連記事

台風1号は2016年1月発生するか?過去のデータと15日前後の怪しい雲について

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー