災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風10号2016米軍・ヨーロッパの最新進路予想図に危機感を!伊勢湾台風並は本当か?

台風10号2016が8月20日19時5分発生しました。

最新情報に更新しておりますが、24日以降大きく予想が変わり、最悪の方向になっています。

正直危機感を持って今から臨むべきかと思います。(もちろん外れることもありますが)

ネットで「伊勢湾台風並」という発言もありますが、誇大ではありません。

まだ上陸時の予想数値が出ていませんが、上陸2日前の数字ではそうとも言えるものを示しています。
>>29日 「強い」台風で福島あたりに上陸しそうな予想です。気象庁は予想困難としています。

それでは台風10号の米軍・ヨーロッパの最新進路予想図を見てみましょう。

スポンサードリンク


台風10号2016米軍・ヨーロッパの最新進路予想図

台風10号は沖縄直撃の後、Uターンして、本州に向かうという今までに筆者は見たことがないような動きをしています。

■米軍の台風10号の最新進路予想図

米軍最新の予想は以下です。更新:8/29

beigun0829

25日>>わかりづらいですが、27日、28日と数字を追うとわかると思います。明らかにUターンして本州に向かっています!

米軍では27日がピークで勢力は弱まっていくとの予想ですが、ピークの27日が「非常に強い」部類ですので本州に影響があるまで

「強い」が維持されてしまった時には怖いです。元々が強いので、7号以上の勢力のまま上陸または接近する可能性が高いです。

27日で平均風速が40m/s、最大46m/sと予想されています。

気象庁は「非常に強い」と予想していて、ネットの一部ではヘクトパスカルが「伊勢湾台風並」とするつぶやきも見られます。

29日>>気象庁よりやや北寄りの進路予想。宮城あたりを30日午前中に中心が通過する予想。

その時の風速が36m/s、気象庁よりやや弱い予想。(弱いと言ってもすごい風ですからね!気象庁は40m/s)

北日本が心配ですね…。

 

■気象庁の台風10号の最新進路予想図

8/29の最新情報に更新しております。
kisyotyo0929
出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/

24日>>これは非常にショッキングな数字を示しています。ネットで「伊勢湾台風並」といわれますが

24日予想の27日時点ではそうと言えます。しかし、伊勢湾台風は上陸時に強い勢力を保ったままでしたので、28日でどこまで弱まってくれるかというところです。(伊勢湾台風は上陸時に929hPa 930台のhPaで歴代10に入ります)

どちらにせよそれくらい非常に強い危機感が必要だということです。(今のところの予想では)

本州に近い状態で、27日の時点で920hPaで平均風速55m/s最大70m/sということで、台風7号の3倍近くの数字となっています。

一応27日をピークに数字が小さくなっていまして、29日、30日に上陸する予想です。

>>追記 27日

29日30日の予想数字が出ました。

29日3時予想が940hPa/中心付近の最大風速45m/s/最大瞬間風速65m/sです。
29日15時予想が945hPa/中心付近の最大風速45m/s/最大瞬間風速60m/sです。
30日3時予想が955hPa/中心付近の最大風速40m/s/最大瞬間風速55m/sです。

29日3時予想の数字で上陸していたら歴代11位~20位に入る勢力です。しかし上陸予想が遅れて29日の段階ではまだ海上で本州上陸は30日朝のようです。

30日の予想数字は955hPaということで、伊勢湾台風並よりは良くなりましたが、それでも関東に955hPaで上陸するなんてことはここ数年見たことがありません。

排水が弱いところなどはマンホールが跳び、対策が弱い川は氾濫する可能性はあるでしょう。

>>追記29日

30日6時予想が955hPa/中心付近の最大風速40m/s/最大瞬間風速55m/sです。
31日6時予想が975hPa/中心付近の最大風速30m/s/最大瞬間風速40m/sです。

上記の図のように、福島あたりを中心が通過しそうですね。
関東では30日の夜中に大雨となる予報です。

7号上陸時と比べればわかりやすいです。
7号上陸時が985hPa/中心付近の最大風速25m/s/最大瞬間風速35m/s

*予想は、変化しますのでご了承ください。

出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/
出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/
出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

スポンサードリンク


台風10号の最新ヨーロッパECMWF進路予想図

ヨーロッパは10日分の予想をすることで最も長い期間予想することで注目する人もいます。

今回もしっかりと予想していますが、一時的に沖縄に留まり、かつかなり風速的にも強いものを予想しています。

更新8/24
ecmwf0825
出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

前述したように29日30日で勢力を強くして日本列島を襲うように見えます。

筆者にはどうみても濃い青が見えるのですが、それは50m/s前後を示します。

それは相当強い台風です。

29,30日の予定には気をつけましょう。

一応、日本での気象庁に記録されて以降トップ3の台風の数字を掲載しておきます。

1位:第2室戸台風(昭和36年台風第18号) 上陸時925hPa 1961年(昭和36年)9月16日 9時 室戸岬西方
2位:伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) 上陸時929hPa 1959年(昭和34年)9月26日 18時 潮岬西方
3位:平成5年台風第13号          上陸時930hPa 1993年(平成5年)9月3日 16時 薩摩半島南部

 

予想通りになったら29,30の本州ははかなり大変な被害に合うのではないでしょうか?心配です。

予想は変化しますので、この通りということはないとは思いますが

来週の予定は慎重に立て、十分注意いただけたらと思います。

■関連記事

台風10号の進路はなぜUターン?人工操作説・陰謀論について触れてみた

台風10号のたまご?最新米軍・ヨーロッパ進路予想が変だ!次々発生し藤原の効果発動か?

スーパー台風の定義と、被害が日本でもしあったら…今後確実に我々も経験する!!

関東に深刻な水不足!今後の影響はどうなる?8月のために今から備えるべき5つのもの

2016年の台風発生が遅い理由は?19連続の後5ヶ月なし!?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • くぬぅ
    • 2016年 8月 23日

    こんにちは(*´ω`*)

    藤原の定理ではなく、藤原の効果では??
    藤原の定理は数学者ですよ。

      • disastress
      • 2016年 8月 23日

      ご指摘ありがとうございます。
      おっしゃる通りです。
      うっかりしてしまいました。訂正しておきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー