災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風17号2016のたまご米軍・ヨーロッパ進路予想!23日あたり発生か!?

台風17号のたまごが発生がヨーロッパECMWFにて予想されています。>>気象庁にて21日13時5分にたまご(熱帯低気圧)の発生が発表されました。
今後の進路はどうなっていくのでしょうか。
気象庁、米軍、ヨーロッパについても最新情報を更新していく予定です。
今のところの発生予想・予想進路をまとめてみました。

22日に台風となる予想です。最新情報は以下のリンクにて更新しています。
 ・台風17号2016の最新米軍・ヨーロッパ進路予想!沖縄に直撃は?

Sponsored Links

台風17号2016のたまご米軍・ヨーロッパ進路予想図

■気象庁の台風17号たまごの進路予想

9/21の時点では気象庁は台風17号のたまごについて感知していません。

>>13時5分にたまご(熱帯低気圧)の発生が発表されました。

kisyotyo0921

今は台風16号も20日深夜に温帯低気圧に変わりました。

21日の時点では台風17号のたまごは22日の12時に台風に変わる予想です。

■米軍の台風17号たまごの進路予想

beigun0921

9/21の時点では米軍は台風17号のたまごをしめしています。典型的な赤道近くのマラリア諸島あたりですね。

進路についてはまだ出ていません。

■ヨーロッパEMCWFの台風17号たまごの最新進路予想

ヨーロッパは10日先まで予想しています。
22日ごろからフィリピンの東に出来る前線が
徐々に発達し台風になっていく様子が伺えます。

ecmwf0920

発生場所が14号、16号と非常に似ているため、台湾経由で日本に来るのではないかとすぐにイメージしてしまいますがどうでしょうか?
今後の予想進路に気を付けていきましょう。

*予想は、変化しますのでご了承ください。

出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/
出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/
出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

Sponsored Links

予報円について

予報円とは天気予報の用語で台風を伴う低気圧が12時間、24時間、48時間
72時間後に到達すると予報されている範囲を円で表したもの
実際に当たる確率は70%と言われています。

必ずしも予報円の中心を進むという訳では無く
大体この辺りを進むであろうといった事を表しています。

また、勢力が衰える可能性もあり台風が途中で小さくなって
予報円の中に入っていても、全く雨風が吹かないという現象もあります。

あくまで予報であって予想が困難な時ほど大きな円になります。
台風16号は予想が困難であったためにあれだけ予報円が大きかったのです。
ついつい予報円すべてが被害に合うと勘違いしてしまいそうですがそうではないのですね。

■関連記事

スーパー台風の定義と、被害が日本でもしあったら…今後確実に我々も経験する!!

台風16号最新米軍・ヨーロッパ進路と勢力予想!関東への影響は?

2016年の台風発生が遅い理由は?19連続の後5ヶ月なし!?

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー