災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風18号2016たまごのヨーロッパ進路予想!接近上陸数を比較して見た結果xxが異常に多い

台風18号2016のたまごが9月26日ごろ鳥島近辺で発生する予想をヨーロッパECMWFがしています。

台風18号は日本に向かっています。進路予想を見てみましょう。

また8月に引き続き9月も非常に発生・接近が多いのですがこれは異常なのでしょうか?

数字で比較してみましょう。

>>追記 台風18号の最新情報は以下の記事にて更新しております。
台風18号2016の最新米軍・ヨーロッパ進路予想沖縄へ!4日前後は注意

スポンサードリンク

台風18号2016たまごのヨーロッパ進路予想!

台風18号のたまごをヨーロッパECMWFが発生予想、そして台風への発展を示唆しています。

今年は偶数号の台風が接近や上陸しやすいですね。たまたまだと思いますが。

ヨーロッパは台風17号のところで示したように9/24時点で以下のような予想をしています。

>>30日更新

emcwf0930

26日ごろから鳥島あたりで雲が発達し、台風となり日本に向かってきているのがわかるでしょう。
台風17号が目立ちますが東の雲の塊です。
出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF
*予想は、変化しますのでご了承ください。

スポンサードリンク

今年は台風多いの?少ないの?

以前の記事でも触れましたが、今年は台風1号が史上2番目の遅さで発生しました。

史上1位は7月9日でしたが、2016年は7月3日ということで遅いに変わりはありません。

その時に、過去の台風の発生が遅く、年間台風の発生が少ない年は、8月か9月に台風が集中しやすく

個数的には平均に近づくように多く発生すると触れました。

参考:台風2号2016のたまごが再び米軍予想に!でも消えそう「このままじゃ8,9月に大量発生する?」の答え

平年発生値としては25.6コで、上陸が2.7コ、接近が11.4コが平均です。

それを念頭に過去年間台風の発生が少ない年トップ2と比べますと

接近+上陸数

1969年:8月5回 9月1回 10月2回 11月2回
1998年:8月2回 9月8回 10月1回 11月0回
2010年:8月3回 9月5回 10月2回 11月0回
2016年:9月10回 9月5回

ということで、いかに8,9月に集中しているか、台風1号が遅かったツケが来ているかわかります。

ちなみに過去最高の接近、上陸数は以下

最高接近数

8月:11回 1960年 7回 1966年1985年
*2016年は5回
9月:8回 1966年 6回 1956年
*2016年は3回

最高上陸数

8月:4回 1962年と2016年
9月:4回 1954年 3回 1998年1966年
*2016年は2回

ということで、接近は並みですが上陸数は多い、と言えます。

そういう意味では今年は異常といって間違いないと思います。

特に接近+上陸の合計数は筆者の目視と手動計算によると、8月に限っては史上最高数となります。

 

いかがでしょうか?

何か今年は狙ったように日本に上陸しやすいですね。あ、特に人工台風だ、というわけではないですよ。

■関連記事

スーパー台風の定義と、被害が日本でもしあったら…今後確実に我々も経験する!!

台風10号の進路はなぜUターン?人工操作説・陰謀論について触れてみた

2016年の台風発生が遅い理由は?19連続の後5ヶ月なし!?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー