災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台風2号2016のたまごが再び米軍予想に!でも消えそう「このままじゃ8,9月に大量発生する?」の答え

7月15日、台風2号2016のたまごが再び米軍のレーダーに反応しました。

しかし、気象庁、ヨーロッパの予想にはありません。

今回も消えそうな雰囲気ですが、こんなに台風が少ないのは逆に心配です。

面白い数字を持ってきましたので参考にしてください。

Sponsored Links

台風2号2016が再び米軍予想に!今度は発達するか?

前回7月11日に米軍が台風2号のたまごが見られましたが

14日には消滅。この時も、気象庁、ヨーロッパは反応しませんでした。

7月15日、今回も似たようなパターンなのでしょうか?米軍だけが熱帯低気圧にマークがあります。

0715beigun
出典は1番下

7月18日 米軍では「Final Warning」つまり最終警告ということでもう終わりということでしょう。

0718beigun

まるで台風扱いでしたね。

0718bei

 

そしてヨーロッパECMWFでは、フィリピン横に「L」というのがありますのであるといえばありますね..

もしかしたら存在しているかも、というところです。*日付はヨーロッパ基準ですので日本時間は+9時間位で見てください。

7月15日(金)
0715

7月16日(土)一応小さい字でまだ「L」とフィリピンの右にあります。しかし黄色にもなりませんので消えるでしょう。
0716

7月19日(火) 前線もありません。
0719

7月22日(金) 前線は増えてきたけれど、台風は発生しない予想ですね。
0722

出典は1番下。

ということで、今回も米軍がマークしたものは、ヨーロッパ予想でも色がつかないほど微弱なものということです。

そして今回も消える可能性が強いでしょう。気象庁も反応していません。
出典:気象庁http://www.jma.go.jp/jp/typh/
出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)http://www.usno.navy.mil/JTWC/
出典:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)http://goo.gl/hvzeaF

スポンサードリンク


今年の台風はこんなに少なくてしっぺ返しがこないか!?

ツイッターを見ると、こんな声が聞こえてきます。

「こんなに発生が少ないと、8月に集中的に来たりしないだろうか?」
「いま来ないということは、9月10月に凄いことになったりして」

など、「後で大変なことにならないか?」というしっぺ返し?の怖さをつぶやいている人が多いです。

水不足が深刻という意味では既にしっぺ返しのようなものが来ているのですが、

「後で集中的に発生しないだろうか?」については、過去の事例を見ていきたいと思います。

 

台風は年間の平年発生値としては25.6コで、上陸が2.7コ、接近が11.4コとなります。(気象庁より)

上陸というのは台風の中心が沖縄以外の大陸に上陸することで、

接近は中心は上陸しなくとも被害はあるので、多くの人がイメージする上陸に近いものではあります。

つまり言ってみれば、だいたい1年で25コは発生して、そのうち、14コは日本のどこかに被害をもたらす

というイメージでいいでしょう。

それで1951年の統計以来をザっと見ますと、たった3回だけ20回未満の年がありました。
出典:http://goo.gl/Z3wJnA

1969年19回
1998年16回
2010年14回

全て心当たりある年ですね。ラニーニャ現象かエルニーニョ現象に影響を受けた年です。

気のせいか段々少なくなっているので今年は14回を切ったりしますかね。

 

そしてそれぞれの年の接近・上陸数が以下

年  :接近数:上陸数:合計
1969年:8回 :2回 =10回
1998年:8回 :4回 =12回
2010年:7回 :2回 =9回

接近数は4回の年、5回の年がありますので「少ないわけではない」です。

平年値が13.9なので平年以下ではありますが(98年以外は)極端に少ないわけではないということです。

そして上陸数は、平年値が2.7回ですので、まあ普通ということで1998年に限っては多いです。

 

合計は、平年値が14回なので、平均以下ではあるものの、極端に少ないわけではないということです。

1998年に限っては8月は上陸0で、9月に3個上陸して集中しています。

その他はまばらです。

接近と合計して見ると、1969年はまばらですが、

1998年と2010年に限っては9月に集中しています。

接近+上陸
1969年:8月5回 9月1回 10月2回 11月2回
1998年:8月2回 9月8回 10月1回 11月0回
2010年:8月3回 9月5回 10月2回 11月0回

ですのでこれらから言えることは、

・平年以下であってもやはり平均値に近づこうとする
・なので8,9月に集中することはあり得る
・98年と10年を見るとあきらかに9月に集中している

と、言えるかと思います。

やはり多くの人が懸念するように、「後で集中して来るかも」はありえます。

台風は地震と違い準備が出来ますので、情報をチェックして備えるようにしましょう。

■関連記事

関東に深刻な水不足!今後の影響はどうなる?8月のために今から備えるべき5つのもの

関東大渇水の前に備えておくことは2つ!具体的な数字を出してみた

2016年の台風発生が遅い理由は?19連続の後5ヶ月なし!?

台風1号1月に発生せず19ヶ月連続で止まる!過去の記録を振り返ってみよう

スーパー台風の定義と、被害が日本でもしあったら…今後確実に我々も経験する!!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー