災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震ではペットも被災する!どんな想定をしておくべきか考えた!

大規模な地震災害では、多くの人が避難所での生活を強いられます。

環境省は飼い主のストレスケアのために、ペット同伴での避難を

推奨していますが、ペットも被災しています。愛するペットが怪我を

したり、ストレスで怯えてしまったりした場合、どのように対処すればよいのでしょう。

スポンサードリンク


地震で被災したペットとどのように向き合うか

環境省はペット同伴での避難を推奨しています。ペットが避難所で

飼い主の心の支えになるだけでなく、生きるために外へでたペットによる

人間への危害、公衆衛生の悪化などを防ぐために、そのようになって

いるのです。必要なものを列挙します。

 

1.ペットの食事

避難所では、人間への食料が配給されます。しかし、ペットの食料までは

手が回りません。ペットの食料は多めに用意しておきましょう。在庫を

切らさないように、袋の餌を使い切ったら購入するのではなく、餌が

ある程度減ったら、新しい餌を購入するようにします。最低でも1周間分の

ペットの食事を確保しましょう。

 

2.首輪・リードなどのペット用品

普段、家の中で放し飼いになっているようなペットだとつい忘れがちですが、

避難所では首輪・リード・ペットケージといったペット用品が必要になります。

ないのであれば、すぐに購入しましょう。

 

3.名札

ペットの首輪などにつける名札です。ペットの名前以外に、飼い主の名前、

連絡先といった情報を書きます。ペットに持病があるなら、それも書いておきます。

 

4.包帯・ガーゼ、消毒薬など

災害でペットが怪我をしたり、やけどを負う可能性もあります。ペットの

応急処置ができるようにしましょう。ただ、ペットが傷の痛みや、地震への

怯えから暴れる可能性があります。一人で無理な場合は、獣医の助けが

必要になります。

 

5.ダンボール・ガムテープ・毛布など

避難所でペットを飼うのに必要なものを用意します。ダンボールとガムテープが

あると簡素なペット小屋を作ることもできます。また、下がコンクリートなど

ペットの体温を奪う材質の場合はダンボールを下に敷く必要があります。毛布も

同様にペットの体温保護を目的とします。

 

6.飼い主の匂いのするもの

ペットは飼い主の匂いを嗅ぐと安心します。ペットのストレスケアも怠らないように

しましょう。

 

地震が発生してから準備をしていたのでは遅すぎます。

平時から災害に備えて、準備をしておきましょう。

スポンサードリンク


災害時にペットで困らないように

災害に備えて揃えるものは、上の通りです。ただ、他にもやっておくべきことが

あります。災害時に困ることがないように、事前にやるべきことを列挙します。

1.助け合えるペット仲間を見つけておく

同じペットを飼う考えを共有できる人をみつけておきましょう。困ったときに

助け合うことができます。

2.ペットの預け先を見つけておく

 

ペット同伴での避難を推奨というのが環境省の方針ですが、残念ながらすべての

避難所でペットを連れていけるわけではありません。ペットの鳴き声、悪臭が原因で

避難所の近隣住人とのトラブルも多いのです。避難所でペットが拒否されたときの

ために、ペットを預けられる場所をみつけておきましょう。

震災時にはペットを預かります、または預かってくださいといった呼びかけも多く見受けられました。

 

ペットと一緒に苦難を乗り越えましょう。ペットを支えるのは飼い主です。

飼い主を支えるのはペットです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー