災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震で断水!トレイが使えなくなった時の話!これは今すぐ対策したい!

当サイトで地震対策についてまとめていっておりますが、筆者最大の気づきとして

あまりニュースにならない地震の被害として、「断水によってトイレが使えない」ということ。

汚い話はニュースでは出来ませんが、大震災の時には汚物の山ができるそうです。

今回は地震で断水しトイレが使えなくなってしまった場合どうしたらいいかをテーマに書いていきます。

スポンサードリンク


地震で断水してしまい、トイレが使えなくなった事例

地震で断水するのは、水道管が破裂するからです。
先の台湾南部地震においても、水道管破裂で水浸しになっていた映像が流れていました。
もちろん住民はトイレが使えない!

それでは日本でも実際に震災にあった人達の声を上げていきます。

今回の地震の被災者です。
すごい揺れでした。家の中めちゃくちゃですがとりあえず寝るスペースを確保しました。
電気は通りましたがガスと水が使えません。

余震が続き不安な夜を過ごしています。

そんな中困っているのはトイレのこと。
断水で完全に上下水道共使えません。

大はビニール袋にするしかないのでしょうか?
何重にもして捨てる・・・?
小はお風呂に流す?それとも?
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1257433602

地震の影響で断水してしまいました><
トイレのことなんですが、汚い話になりますが、大便をしたくなった時、どうすればいいんでしょうか?
まさかこんな大きな地震が来るとは思っておらず、なんにも準備していませんでした…。
困っています><
教えてください。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1357422288

お二方とも東日本大震災の被災者の方です。

あの地震は断水だけでなく津波で町が飲まれてしまったり

放射能の危険性といい本当に大変でした。

 

大きな問題が注目され、日常のトイレの話題はあまりニュースにはなりませんが

トイレについては万人がぶち当たる深刻な問題です。

これを元に断水の対策について見ていきましょう。

スポンサードリンク


地震で断水してしまった場合のトイレ対策

まず代表的な災害にて断水から復旧するまでどれくらいの期間を要したかを載せます

・東日本大震災・・・6日

・阪神淡路大震災・・・7日

それぞれ全体の50%が復旧するまでに掛かった日数です。

参考URL:http://www.apollo-corp.co.jp/disaster/index.html

 

50%が復旧するまでに大体一週間掛かるのですから

全て復旧するのにはさらに日数を要するという事がここで分かりましたね。

一日に必要な水の量ですが飲料水で3リットル、トイレなどの生活用水で6リットルです。

人間がトイレに行く回数は一日に大体7~8回。一週間分準備するには膨大な量が必要ですね。

うちは4人家族なので、8×4人×7日=224回!?

そ、そんなに…

 

そんな時のためによく使われているのが簡易トイレや携帯トイレです。

30回分、50回分などのパックを持っているだけでも大分乗り切りやすいと思います。

(うちは5セットも買わねばならないのか…)

他にも凝固剤・アテンド・オムツ・尿吸収シートなどは小の時に便利です。

 

いかがでしょうか?

防災対策はやりすぎても損はありません。

災害にあって、トイレが出来なかったり

トイレが家の一部にたまって悪臭がしたら、本当に最悪ですよね…。

筆者はトイレ問題にすぐにとりかからねばと気づいたのでした。

是非、今回の記事をきっかけに対策を更に充実させていきましょう。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • yu
    • 2016年 1月 29日

    防犯対策でなく防災対策では…

      • disastress
      • 2016年 2月 04日

      ご指摘ありがとうございます。
      ミスでした。修正いたしました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー