災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震で薄型テレビは簡単に倒れる!対策必須

地震発生時に倒れてくる家具は凶器に変わります。

2012年に地デジ化でテレビを買い換えた方は多いはず。

テレビはすっかり液晶画面が主流となり薄型になりました。

ところで、この薄いテレビは地震が起きたらどうなるのでしょう。

薄型で軽いイメージになったテレビですが、地震で倒れると凶器になるのです。

Sponsored Links

地震で倒れるテレビの恐怖

テレビは今や解像度はHDサイズが普通になり、それどころか4K、8Kという

大型テレビも登場しています。よく売れている32インチテレビの重量を

確認したところ、なんと重量は6kgありました。60インチの大型モニターの

モデルになると、35kgありました。

 

2011年3月の東日本大震災では、地デジ化の1年前だったことから多数の

新型薄型テレビが地震にさらされ、倒れました。多くは、液晶画面が

割れるなどのテレビ自体への被害でしたが、前に人がいて巻き込まれていたら

と思うとゾッとします。

 

国民生活センターが行った実験によると、32型、42型、50型のテレビ

対象として、震度5弱の揺れを加えたところテレビは激しく揺れたと

いうことです。震度6弱の揺れでは、実験につかったテレビは全て

転倒・落下したということです。東日本大震災では震度7を記録した箇所も

あり、テレビなんぞは簡単に倒れてしまったことでしょう。

Sponsored Links

地震発生時に役立つテレビの転倒防止策

テレビが倒れる対策としてはとにかく固定することです。テレビには紐やワイヤーで固定するための

穴がついています。そこに紐やワイヤーを通して固定します。ここで重要になって

くるのが、何に対して固定するのかということです。

 

望ましいのは壁の中にある横木や縦木、柱などの建築物の構造なのですが、特に賃貸物件の場合など

そうもいかない場合も多いでしょう。その場合はテレビ台に固定します。

大抵の場合はこれでも大丈夫です。

 

ただし、東日本大震災ではテレビ台ごと

壊れてテレビが倒れてきたという事例もあります。さらにはテレビの台座と

本体を支える柱が折れて倒れたという事例もあります。

 

テレビの固定はこれで大丈夫ですが、揺れのショックを吸収するジェルが

販売されています。やや厚めで表面はねっとりとしており、テレビのズレも防ぐ

ことができます。地震発生時はテレビがずれ落ちることを防ぎ、揺れを吸収します。

 

テレビの転倒対策はしっかりとしましょう。筆者は32型のテレビを使っていますが、

大きすぎるのはやはり地震が怖くてこのサイズにしました。

テレビが凶器になってほしくないと同時に

地震でテレビが壊れてほしくないという思いも強いです…。

情報源ともなりますからね。

■関連記事

テレビを固定するワイヤーの効果と粘着シートと比べたメリットとは?

地震の時の食器棚の扉対策してる!?意外と多い家具による圧死

防災グッズ最新情報!(2015年暮れ)必要なものは立場によって違う…

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー