災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震と地鳴りの関係。予兆という勘違いと、移動音による怖い感じ

地震と地鳴りの関係についてあらためて確認しておきましょう。

そもそも地鳴りの定義がもうツイッターなんかでも曖昧だと思います。

P波=地鳴りという人、単純にゴーという音が聞こえれば地鳴りという人。

地鳴りをしっかりと理解して地震について考えたいところです。

Sponsored Links

地震と地鳴りの関係。ツイッターでもよく聞く

といっても私も専門家ではないので、情報を整理した結果の話ということでご了承ください。

地震は断層のズレによって起こるものですので

基本的にP波とS波が順番に来るのが普通です。

最初に細かい横揺れがあり、その後に縦揺れが来ます。

音より光が速い、雷みたいなものと考えるとわかりやすいでしょう。

P波の方が早く届くのです。

 

このP波があるから緊急地震速報は作動するわけです。

ツイッターなんかでP波を感じる人は多いですね。

実は私もP波を感じると勝手に思っているのですが

地震がくる直前に、壁がピキって音をしたり、なんか周波数が変わったのを感じます。

 

しかし、単純にP波=地鳴りというのは、間違いだと思っていて

地鳴りはあくまで、「地面が鳴っている」というそのままのことです。

ですのでP波とS波どちらも原因で、地面が断層の揺れで鳴っている音です。

地鳴りの音は、「ドドドドド」と「ゴゴゴゴゴ」の中間という感じで

音というより、身体に響く何かですよね。

 

そしてあきらかに「移動している音」なんですよ。

ここがポイント。救急車のサイレンのモノマネギャグなんかで、だんだん変な音になるように

音って移動すると、自分からの距離が変わるために、

周波数も変わってくるんですね。

なので「移動によって音が変わる」感じが地鳴りです。

Sponsored Links

地鳴りはたいていが勘違い

地鳴りはたいていが勘違いです。

よく「富士山の方から地鳴りがする」「どこどこの地域で地鳴りが」ということを聞きますが

必ず地震とセットのものが本物の地鳴りで

大抵が、飛行機、空港、自衛隊関連、低いエンジン音をふかしている、電車、海風、家族のいびき笑

が原因です。飛行機が雲の中飛んでいる音は非常に似ています。

 

ですので、それと勘違いして、「予兆が~」というのは間違いと思っていいでしょう。

地震とともになるのが地鳴りなので予兆とはなりません。

以下で地鳴りについて更に詳しく書いておりますので参考にしてください。

■関連記事

今日の地鳴り情報と地震との関連はここで分かる!東京含めリアルタイムで知るウソホント

地震前兆の最新情報12月!村井・早川氏・過去則・オカルトの3つをまとめてわかること

都内の地鳴りが地震との関係は?誰も指摘していないけど原因はこれです

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー