災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震の時家の中で安全なのはどこ!?昔と事情が変わってきた!

熊本地震の経験から地震の時、安全な場所は家の中だという声を多く聞きました。

はたして本当にそうなのでしょうか?やはり阪神大震災以降の1995年の耐震基準が建築法によって変わってから

事情が変わってきているようです。

地震の時に家の中は安全なのか?1階と2階は?トイレは?いろいろな疑問をまとめてみました。

スポンサードリンク


地震の時に家の中は安全なのか

まずは家の中とは言えど1階と2階どちらが安全なのか?

という話はネットを中心によく議論されるのでそれから見てみましょう。

1階と2階はどちらが安全?

これは恐らく、イコール「寝るなら1階と2階どちらが安全か?」という質問と「今度、余震が来た時のためにどちらにいようか?」ということの答えを知りたいのだと思います。

震度7なら移動する余裕はなく、ただ近くのものにしがみつくことで精一杯です。

出来ることは、常時いる場所をどこにするか?ということです。

 

そこで震災経験者や耐震に詳しい人の話を聞くと次のようなことが見えてきました。

前提としては、もちろん1階にしろ2階にしろ家具という凶器が飛び交い、それに圧死される可能性の低い場所であることを前提とします。(このサイトで主張しているように8割は家具による圧死と言われていますので、家具の固定などは今必須です)

・1995年前の木造の建築基準の場合は2階の方が安全
・それ以降の基準だとどちらとも言えない
・揺れ自体は1階より2階の方が大きい
・家がもしも倒壊した時は1階よりも2階の方が助けられやすい

・東日本大震災では津波があったため2階以上で助かったという声も多い
・外にはでない方がいいか?→瓦屋根が多い場合飛び交うことがある、その他電信柱やその他高いもので凶器となるものが倒れて来る可能性は家の中と同様にあるので、その場所によるので一概に言えない。

・新しい耐震基準の場合は、家よりも家具の倒れる可能性や、食器が飛び交う可能性を考慮して場所を選ぶべき

以上のようなことが見えてきました。やはり一番はご自身の「寝る部屋」を見渡して、大地震が起きて倒れてくるものを想定して

寝る場所を選ぶのが良いでしょう。赤ちゃんがいるならばなおさら絶対に危険な場所は避けたいですね。

トイレは安全なのか?

一概に安全とは言えないようです。

と言いますのも,昔の和風建築だと四方を柱で固めているため構造的に丈夫なのですが

現在と昔のトイレの作りは違うため

トイレが安全なのは古い木造建築の場合と考えたら良いでしょう。

スポンサードリンク


玄関は安全か?

場合によりますが転倒落下物の少ない閉じ込められない場所

という意味では玄関は安全かもしれません

また、どの家の玄関も丈夫に作られている事や

安全確保のためにドアを開けなければいけないという事を考えると玄関に待機するのも手ではないかと思います。

ただし、我が家の玄関をチェックしたところ、上まで棚があり中に避難リュックの重いものが入っていますので

我が家は適切ではありません。このようにご自身の家の特徴で判断スべきです。

部屋は家具次第?

家具次第というよりも地震の大きさによりけりですが「命の三角空間」という

タンスなどの家具と家具の隙間が安全と言われています。

しかしそれは事前に計算して「この場所!」と指定できませんからね…。

地震は横揺れ・縦揺れどれがくるか分かりませんから、命の三角空間は結果論でのラッキーであって

はじめから狙って出来るものではありません。

スポンサードリンク


赤ちゃんはどうするべきか?

まずは、赤ちゃんはほぼ決まったところで寝ることが多いかと思いますので

その場所が本当に安全か?シュミレーションする必要があるでしょう。

家具による圧死が8割ですからその場所が該当するかご自身でシュミレーションしましょう。

 

また、とっさに赤ちゃんと一緒に守る姿勢になるのも重要です。

赤ちゃんは特に物に当たる衝撃などに弱いですから特に目を配る必要があります。

一番安全な抱き方は両親のおなかあたりに赤ちゃんの頭が置かれるように

向かい合わせの状態になって子供のお尻を抱き抱えるように体を丸める態勢です。

避難する際にはベビーカーは使わないようにしたいところ。。

また、赤ちゃん用の防災グッズなどもあるのでオススメです。

ガラスは割れるのか

大震災などでは多くのガラスが割れてしまいます。

家具を固定したり、ガラス飛散防止フィルムを貼るなど

事前に準備しておく事が大事です。

また、地震が起きた時にはカーテンを閉めておきましょう。

そうすることでガラスが割れてもあまり飛び散らなくなります。

ドアは開けるべきか、脱出するべきか

一般的には無理してドアを開けに行くと危険な場合もありますが

古い家屋の場合は倒壊やドアの変形の恐れがあるので

ドアを開けて脱出した方が安全だと言われてきました。

現在の住居は絶対ではありませんが、そのことを考慮して作られていると言われています。

まずは身を守ることが優先で、1番は「家の中の安全な場所」に行くべきでしょう。

外は前述しましたように、場所によっては瓦が飛んできたりして危険です。ご自身の地域を見て判断するべきでしょう。

熊本地震では避難所よりも自宅を選んだ人が多かったようです。

 

 

いかがでしょうか。

どんなに対策を考えても、いざ地震が起きてしまうと

冷静な判断が取りにくくなります。

常日頃から地震が起きた際にどうするかをシュミレーションしておく事が大切です。

特に今回の題材で言うならば「家の中で安全な場所」はしっかりと把握しておくべきでしょう。

そして、寝ている場所に家具が倒れて圧死しないかということも対策しておきたいところです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー