災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震予知の最新情報7月!村井・早川氏の予想は?科学からオカルトまで全予想!

地震予知予想の7月の最新情報を追ってみましょう。

熊本で地震が起こって早3ヶ月目が経とうとしていますが

現在のプレートの状態はどうなっているのでしょうか?

当サイトで追っている専門家である村井氏・早川氏の最新情報を確認します。

スポンサードリンク


地震前兆最新情報!村井・早川氏7月予想は?

地震予知予測の最新情報として村井・早川氏2016年7月予想をまとめます。

なお有料部分の情報については配慮させていただきます。

■村井教授の地震予知予測情報

現在最も警戒されている地域は前回と変わらず
九州、南関東地方
東北、
関東の太平洋岸、
奥羽山脈周辺

です。

その次に警戒されている地域は
北信越地方、
岐阜県、
南海、
東南海地方
釧路、根室、えりも周辺、
鳥取県、島根県周辺

となっています。

特に気になるのは南海周辺で4cmほど週間異常変動が起こった事ですね。

全体的に、異常変動が多かったのが伊豆や四国といった南海トラフを連想させるところが多かったのは

気のせいでしょうか…。

  ・7月18日地震が嘘だという話と最新7月中旬の村井氏の予想の方が怖い!

 

■早川教授の地震予知予測情報

早川教授は地震解析ラボというアプリを出しています。

それは無料部分と有料部分があり、1週間毎更新しています。

地震解析アプリによると、九州・沖縄、南海及び太平洋沿岸の広い範囲で

M4.0以上の地震が起こると警戒されています。

IMG_2190

前回と比べると高知辺りの南海周辺がプラスされていますね。

村井氏同様、南海地方周辺が気になっている模様です。

スポンサードリンク


串田氏予測

もともと宇宙を研究していた串田氏がFM波の変化に気づき、阪神大震災を的中させたことで有名になり

その後マスコミの過剰な期待に潰れ、外す時は外し世間のバッシングを受け一旦は消えかかりましたが

最近再起し自らの信念を貫いている串田氏の予想は非常に明確です。

2008年から出ているという前兆現象がまだ消えないとのこと。

 

もし収束が確認出来たら、6月29日から7月初旬

福井から滋賀県にかけて、M7.8±0.5に浅い震源で起こる可能性があると言い続けています。

延長することが多いですが場所は変わりませんね。

月の満ち欠けと潮位

月の満ち欠けと潮位は、大変微弱なのですが、地震のきっかけとなることがあります。

阪神大震災などは満月で真っ赤だった記憶の人が多いものです。

出産もやはり産気づくのが満月、新月に多いというのは多少はあり得るようです。
あくまで目安ということで見ていきましょう。

新月・・・7月5日
満月・・・7月20日

潮位

銚子・・最高位は149cm 7月6日、22日

館山・・164cm 7月05日

下田・・167cm 7月05日

ということで、新月前後が条件が重なりますね。

実は南海地震よりも危険?北海道地震について

南海トラフ地震、首都直下型地震と共に

2016年の半ばに北海道で地震が起こると予知している人が話題です。

どういった被害想定なのでしょうか。

 

これまで、阪神淡路大震災、9.11テロ、東日本大震災の予言を

的中させてきたゲリー・ポーネル氏ですね。

彼は、2016年半ばに北海道周辺で地震が発生し

本州北方沖で余震が二つ同時に発生すると予言しています。

この地震の影響で海中のメタンガスが大気中に放出され

海岸沿いは住居出来なくなってしまうと言っています。

札幌にも大きな被害をもたらします。

 

また、小さい地震が起きれば起きるほど力を分散して逃がしている事なので

小さい地震に感謝をしようとも言っているようです。

今一番日本で安定している地域は長崎と宮崎以外の九州地区だといいます。

熊本が入っているわけですが、つまりは小さい地震で分散され逆に今は安全だというわけです。

それにしても海中のメタンガスが放出するといった今までにないすごい予知をするものですね…。

今まで起きたことのない事例だと思うので何だか想像がつかないです。

 

ゲイリーボーネルは、先の北海道の地震が起きた時に話題になりました。

もちろん今まで外したものもそれなりにありますが、

今回のなど人的被害はないものの的中させていますので話題になるわけです。

しかし、本州北方沖で余震が二つ同時に発生するというのは微妙ですね。

先週新潟上沖でそれなりの地震が多発しましたが…。

 

最後に函館の震度6を当てたことで少しだけ話題になった

布元占術.comさんは7月を「7月11日(月)12日(火)18日(火)の3日間前後。」の地震を予想しています。
http://goo.gl/phkQAd

最近じゃ為替の予想までしていて、あれ?って感じではありますが…。

このように7月も様々な予想が出ています。

何より防災です。

「家具の固定」「水1ヶ月分の確保」「非常用リュックセット」

この3つは最低でもやっておきましょう。

■関連記事

地震予知6月最新情報!村井・早川氏をはじめ科学からオカルトまでまとめてみた!

首都直下型地震の確率はここを見よ!東京よりあの県の方が危ない!

日向灘で探る南海トラフ地震の前兆!過去一覧表を作ってみた

地震の時の食器棚の扉対策してる!?意外と多い家具による圧死

地震で家具まで保険に入る価値はあるか?経験者に答えを求めてみた

地震で本棚の対策してる?愛読書が凶器にならないためにすべき3つのこと

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー