災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震予知2月村井氏最新情報と満月日と高潮位日をチェック

地震予知・予測を追求する専門家の言動を当サイトでは追っています。

2月になりましたので、最新予想・予知に変化がないか見てみましょう。

村井氏と早川氏の最新予想と、地震発生のきっかけとなりうる、2月の満月・潮位の高い日をチェックしておきましょう。

スポンサードリンク


地震予知2月村井氏最新情報

2月の最新予想・予知の前に、1月の地震を振り返りましょう。

1月の震度4以上の地震は以下

2016/01/25 02:13:22.4 福島県沖 29km M4.2  震度4
2016/01/14 12:25:33.3 浦河沖 52km M6.7  震度5弱
2016/01/11 15:26:41.1 青森県三八上北地方 10km M4.6  震度5弱
2016/01/09 23:12:38.3 奄美大島近海 28km M5.4  震度4
出典:気象庁http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

 

4つそれなりの地震がありました。
いずれも村井氏、早川氏の警戒区域内であることは間違いありません。

ただ気になるのは、早川氏は8月頃から、伊豆諸島~南関東にかけての

観測値異常について訴えていて、隆起が素人目からも異常ですが

それでも、伊豆諸島~南関東にかけてが恐ろしい程地震が起こっていません。

ですので、エネルギーをためて爆発しないかを少し心配してしまうところであります。

■村井氏の最新予想

*無料の範囲で、有料情報については配慮させていただきます。

村井氏はご存知GPSデータに基づく予測法で、土地の隆起を見てそのバランスから

地震を予測します。

NEWポストセブンが2016年最初に村井氏にインタビューして最初に言われたことが

「昨年下半期には、7月、8月、9月、11月と複数回の全国一斉異常変動が見られました。過去のデータと照らし合わせると、異常変動から半年間は大地震の発生するリスクが非常に高くなっている。2016年春頃までに大きな地震が起こる可能性は高いと考えています」

村井氏が最近の計測の結果、最も警戒を呼びかけているのが「首都圏・東海警戒ゾーン」

「三宅島と青ヶ島の高低差は2015年年初の4.8cmから、同年末には7.8cmまで拡大している。隆起と沈降の境目には大きな歪みが溜まっており、今もエネルギーが蓄えられていると考えられます」

参考URL:http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160108/Postseven_374166.html

そして12月8日神奈川県足柄上郡大井町の計測機器が瞬間的にではあるが

地震の前に見られる異常値を示したという。ちなみに大井町は関東大震災の震源地だ。

 

しばらくは注意が必要と呼びかけている。その他として

「北陸・北信越警戒ゾーン」
「北海道中央部警戒ゾーン」
「奥羽山脈警戒ゾーン」
「南海・東南海警戒ゾーン」
「九州南部警戒ゾーン」

この6つを最警戒としている。

スポンサードリンク


地震予知2月早川氏最新情報

それでは電機大名誉教授の早川氏の見解を見てみよう。

こちらも有料情報に関しては配慮させていただきますが、無料で非常にわかりやすく示してくれています。

地震解析ラボという無料アプリ(有料にもアップグレード出来る)を筆者はいつもチェックしておりますが

最新2月1日版にて変化が見られた。

前回1月の早川氏予想の記事

この時になかった九州~四国が入っているのだ。

IMG_9975出典:筆者撮影

あまり変わらないのが、南西沖、小笠原~伊豆諸島、関東~福島沖、新潟沖、青森~北海道えりも岬周辺

なのだが、今回九州四国にまたがる地域を筆者がチェックしてからは初めて見たように思う。

そして、岐阜が外れてきた。

これらがM4以上の予想であって、M6以上の予測は今週はない。

月の満ち欠けと潮位

それでは最後に2月の月の満ち欠けと潮位をチェックしておこう。

月は本当に微弱レベルではあるが、多少引力や、ライト効果で地震が起こりやすい地合いに対して

地震を起こすきっかけとなることがある。

あくまで起こるきっかけとなるかもしれないくらいの感覚で。

また、潮位については地震との関連を研究しているグループもあるほどで

180cm以上で70%以上と発表しているグループがある。

2月の新月・・・2月8日(月)
2月の満月・・・2月23日(火)

潮位

伊東:2月9,10日に2月中の最高潮位155cm

館山:2月10日に161cm

ということで潮位は2月10日あたりが警戒日となるだろう。

あくまで目安であります。

 

地震の時に最も深刻なこと

地震対策についても当サイトでは扱っていますが

筆者の最近の気づきとして、一番大切なのは「トイレ」だということ。

排水管も壊れるので、汚物の山ができるそうで

それってあまりニュースにならないじゃないですか?

でも現地の健康な人に言わせると、(特に女性)

トイレの問題に一番頭を悩まされるようです。

筆者もその対策を最近やっとしました。

■関連記事

地震で断水!トレイが使えなくなった時の話!これは今すぐ対策したい!

地震の時女性がトイレで苦労する前に知っておきたいこと

地震起きた時トイレが逆流するって知ってました?マンション住民必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー