災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

地震予知2016年1月の村井氏や早川氏、その他の最新見解をまとめてみた!当サイトオリジナルの警戒日も提示

2016年1月の地震予知の最新情報はどうなのだろうか?
予知についてはまだまだ難しい段階ではありますが、
今権威ある方たちがどう見ているかというのを知って
備えていけたらなと思い、当サイトでは目をつけた4人程の人の見解を追っています。

東大名誉教授の村井教授、電機大の早川氏、琉球大木村教授などが
新しい情報を提供しているか見ていきましょう。

スポンサードリンク


地震予知2016年1月の村井氏と早川氏の最新情報

地震予知が難しいということは承知の上、
地震を研究する方の情報をチェックしていきましょう。
警戒した地域に地震がなかった場合、叩かれている場面をよくみますが
異常値が出たという情報を出してくれるのはありがたいことです。

偽りの金儲けと非難する人も多いですが
筆者は彼らの信念を信じた上で見ていきたいと思います。

まず村井氏ですが、振り返ると8月と12月に異常値を知らせてくれています。
8月は伊豆半島~箱根~大井町においての異常値
12月は南関東での異常値。

いずれも大地震に繋がらなくとも、微妙な地震は起きているという感じ。

8月10~9月20の間の主な地震
2015/09/12 22:38:01.6 浦河沖 56km M5.4 震度4
2015/09/12 05:49:07.1 東京湾 57km M5.2 震度5弱
2015/08/26 07:51:36.2 日向灘 34km M5.2 震度4
2015/08/14 13:43:44.8 十勝地方中部 80km M5.1 震度4
2015/08/14 05:13:32.9 福島県沖 49km M5.1 震度4

さらに
12月10~12月30日に間の主な地震
2015/12/14 15:01:37.2 鳥取県中部 8km M4.2 震度4

ということで、厳密に言えば外しています。

異常値については嘘はないと思いますので結果的に異常な隆起があったところで
地震は起きなかった、ということです。

1月については具体的見解は出ていませんので
引き続き上記の地域を警戒していくという感じで良いかと思います。

■早川氏

早川氏は「地震予測ラボ」というアプリも出しています。

有料部分については公開することは控えます(月額600円)
無料部分については以下の地域でM4以上の警戒を
呼びかけています。

画像リンク切れ

出典:地震解析ラボ(無料公開部分)

ということで大雑把にいえば、最近の東京湾群発地震

岐阜の群発地震、などは当たっているということになります。

鳥取は入っていませんね。

12月になって30日に更新しました。そこで今までと大きく変わりました。

なんと!小笠原と沖縄諸島がなくなりましたね。

1,北海道えりも町〜網走を結ぶ地域より、東の地域及びその近海

2,岐阜北部、富山&富山湾、長野北部、新潟、佐渡、群馬らへん

3,茨城北部~宮城、岩手、福島。それらの太平洋沿岸地域&太平洋近海地域

4,東京湾、千葉、茨城及びそれらの太平洋地域全般

出典:地震解析ラボ(無料公開部分)

このように今までなかったところとしては、福島あたりですね。

全体的に太平洋側がM4以上の警戒地域となっています。

熊本で震度7!被害状況や原発の影響の最新情報!

スポンサードリンク


2016年1月の大地震警戒日

ということで、予知は完璧に出来ることはありませんが、

2016年の警戒地域と日についてはしっかりとお伝えしたいと思います。

まず警戒地域については、地震研究において信頼性の高いといえる

村井氏、早川氏、木村氏の3人のかぶる部分として、以下を挙げます。

1,北海道~青森太平洋側(日向灘あたり)(3人とも警戒)

2、小笠原~関東地域(3人とも一部はかぶる)

3,岐阜周辺(木村氏以外が警戒)

この3点は特にかぶっているように思えます。

 

そして、2016年1月の警戒日について。

満月と潮位の高い日を挙げておきます。

これらは、もちろん100%ではありませんが

地震を引き起こしやすい条件として

比較的満月や潮位が高い時が起こりやすいという研究結果が出ていますので

挙げておきます。

1月の満月:1月24日

   *新月は1月10日

1月の潮位の高い日:1月11日(銚子の1月の最高日:147cm)
         :1月11日(下田の1月の最高日:164cm)

ということで、月と潮位からすると

1月10日~11日あたりと、1月24日あたりが地震を引き起こしやすい地合いとなるということです。

もちろん起きなければ一番良いですが、備えておきましょう。

■何を備えるか?

もちろん防災グッズは当たり前なのですが

筆者はですね、テレビと、MACが割れないようにと思っているので

危険日に、テレビの前にソファを、MACを布団の上に

乗せてでかけています。

毎回何事もないわけですが、あの2つは割れては困りますので!

■関連記事

熊本で震度7!被害状況や原発の影響の最新情報!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー