災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

大雨特別警報が宮城県にも!現地の状況まとめ!仕事の経営者は安全配慮義務を遂行するために見るべき情報はここ

栃木・茨城を襲った大雨特別警報を出すほどの大雨が宮城県にも

今朝出されました!台風が来ているわけではないのにこのような状況に

多くの人が想定外のため、正しい判断が出来ない状況にあります。

仕事に関しても、早めに経営者など上司が緊急事態として判断することが必要な状況です。

スポンサードリンク


大雨特別警報が宮城県にも

線状降水帯による被害まだ続いており

関東は晴れていますが、宮城県にて大雨特別警報が出され

渋井川の堤防が決壊しました。現地の状況をまとめました。

スポンサードリンク


他にも、宮城県涌谷町、江合川水量が大変高くなっている状況。

宮城県大崎市古川 西荒井地区で渋井川が決壊したこと。

古川第五小学校から南方向 仙北自動車学校周辺とみられるところの広範囲にわたっての浸水が

ツイッターで話題になっていました。

大雨特別警報がだされた宮城も大変な状況です。

仕事の安全配慮義務を

今回のような状況で、ネット上でかなり多く見受けられたのが

こんな状況で出勤させるなんて仕事の安全配慮義務違反ではないか?

という書き込みです。

筆者も上司をしていたことがあったのですが

今よりネットにすぐに情報が上がる時代ではなかったので

やはり情報がないために判断が難しく、一人出勤出来ないと、その後晴れた時に

仕事が大変なことになる、という状況は多々あるので、簡単に「今日は自宅待機ね」と

言うことは出来ない難しい立場であることは分かります。

 

しかし、現在は情報がある社会ですので、

上司の方も情報に強くなり、それを元に的確な判断が出来ることが求められています。

ですので、このような時にどういう情報を取り入れるか?ということが大切になるのですが

ズバリ、「Yhaooリアルタイム検索」です。

これは過去のものでなく、現在のリアルなツイッターやfacebookの情報が上げられますので

これを見れば一般人を始め、NHKや気象庁の最新の情報が分かります。

その情報を元に、柔軟に判断し、店を閉店するとか、従業員を自宅待機させるとか

そういうことが必要になります。

是非参考にしてください。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー