災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

村井氏の地震予想の最新1,2月警戒地域はここ!ついでにここ10年の震度5以上をまとめてみた

村井氏の地震予測の最近警戒地域について。

有料情報についてはある程度配慮してお伝えしてきます。

振り返れば2015年の震度5以上もすべて的中しているという結果になる

村井氏の予想は、科学的根拠がありますので、注意するに越したことはありません。

Sponsored Links


村井氏の地震予想の最新警戒地域

東京大学名誉教授の村井俊治氏は『週刊MEGA地震予測』で有料情報を配信しています。

それに有料情報をすべて公開するわけにはいけませんので

配信元のまぐまぐが公開しているところまでにとどめますが

それでも、非常に重要なポイントです。

 

最新情報は、1月13日に発表されているのですが、

要警戒地域として次の3つを発表しています。

「南海・東南海地方」
「北信越地方・岐阜県」
そして
「南関東」(相模湾、駿河湾、東京湾に面する地域)

 

去年後半から新しく加わったのが南関東です。

8月12月にTwitterでも警戒ツイートをしており

異常値を出すようです。

また、要警戒の中に入れていいのかそうでないのか微妙な表現ではありますが

最近北海道、青森あたりでM4前後の地震が多く起きていますが

「東北・関東の太平洋岸、奥羽山脈周辺」においても

やはり歪みが溜まっていて、いつか大きな地震が起こる地合いのようです。

Sponsored Links


村井氏の地震予想を振り返る

2015年を振り返りましょう。

2015年は震度5以上は以下です。全部で10回

1 2015/02/06 10:25:12.4 徳島県南部 33°44.0′N 134°22.2′E 11km M5.1 5強
2 2015/02/17 13:46:39.3 岩手県沖 40°05.1′N 142°06.7′E 50km M5.7 5強
3 2015/05/13 06:12:58.4 宮城県沖 38°51.7′N 142°09.0′E 46km M6.8 5強
4 2015/05/22 22:28:46.2 奄美大島近海 28°33.7′N 129°37.2′E 21km M5.1 5弱
5 2015/05/25 14:28:10.3 埼玉県北部 36°03.2′N 139°38.3′E 56km M5.5 5弱
6 2015/05/30 20:23:02.2 小笠原諸島西方沖27°51.6′N 140°40.9′E 682km M8.1 5強
7 2015/06/04 04:34:15.2 網走地方 43°29.5′N 144°03.6′E 0km M5.0 5弱
8 2015/07/10 03:32:51.2 岩手県内陸北部 40°21.2′N 141°33.5′E 88km M5.7 5弱
9 2015/07/13 02:52:05.9 大分県南部 32°59.5′N 131°51.3′E 58km M5.7 5強
10 2015/09/12 05:49:07.1 東京湾     35°33.2′N 139°49.7′E 57km M5.2 5弱
出典:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

まぐまぐの検証によると、この10回とも確実に

事前に警告している地域だという。

小笠原もそうだったんですね。あの時、村井氏はけっこう驚いていました。

批判派としては、指摘範囲の広さと、指摘して起きなかったこともあるので

「数打てば当たる」と批判するわけですが

村井氏としては、異常値が出ているから公開しているわけであって

それに耳を傾けることは間違っていないでしょう。

 

個人的に思いついたのですが、去年震度5以上が10回ということで

ここ5年の回数と比較してみたくなったので、見てみましょう。

2006年:3回 (最大は6/12大分県西部M6.2)
2007年:9回 (最大は7/16新潟県上中越沖M6.8)
2008年:8回 (最大は6/14 岩手県内陸南部M7.2)
2009年:4回 (最大は8/11 駿河湾M6.5)
2010年:5回 (最大は2/27沖縄本島近海M7.2)
2011年:71回! (最大は3/11 三陸沖M9.0)
2012年:16回 (最大は12/7 三陸沖M7.3)
2013年:12回 (最大は4/13 淡路島付近M6.3 2/2十勝M6.5)
2014年:9回 (最大は11/22 長野北部M6.7)
2015年:10回 (最大は小笠原諸島西方沖のM8.1)出典:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

 

いや2011年の71回は恐ろしいですが、

その前の2010年はたったの5回ですからね。

村井氏もよく、静かな後が怖い。エネルギーをためて爆発するという話をしますよね。

まさに2009、2010年の少なさはそれを物語っています。

 

そして、今は2011年のものが縮小しているようにも見えますね。

解釈は難しいですが、適度に起きているという感じがします。(適度という言葉もアレですが)

今後も村井氏等の地震研究家の言葉に耳を傾けながら

防災を進めていきたいところです。

Sponsored Links


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー