災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

東京湾の群発地震は大地震の予兆!?1980年から研究対象だった!

クリスマス明け2015年12月26日東京湾で同じ震源にて

地震が連発した。ツイッターでは「東京湾の群発地震」と騒がれたが

これは群発地震と呼べるか?また、それは大地震の予兆だったりするのか?

専門家はどうみているかをまとめてお伝えします!

スポンサードリンク


東京湾の群発地震は大地震の予兆か?

12月26日、東京湾で起きた地震は以下の通り
震源深さはいずれも東京湾20km

17:09 M3.1 震度2
22:15 M2.8 震度1
23:08 M2.7 震度1
23:19 M2.7 震度1
23:22 M2.7 震度1
23:24 M3.4 震度2

と立て続けにM3前後の地震が同場所で観測された。

ツイッターでは心配の声がたくさん。

スポンサードリンク


東京湾の群発地震について

まず群発地震と、それと大地震との関連を調べてみました。

群発地震についてはwikiにも載っていますように

「比較的狭い震源域において断続的に地震が多発するもの」
「主に火山活動・プレートの移動」
「特に「本震」や「余震」といった区別はされない」
「大きいものから小さいものまである」
「人によっては船酔い感覚に」
「人によってはノイローゼになることも」

数値的な定義はないようですので、今回の東京湾での連続した地震を

群発地震と呼んでも間違いないようです。

そして、上記のツイートのPDFを読みますと

1980年代から比較的よくあること、というように書かれています。

確かに、2012年にもあった記憶があります。(定かでないが同じ震源であり、人工地震を起こそうとした、と叫ぶ人もいた)

しかし同時に「群発活動があると,引き続いて関東地方,南西方面の特定地域を震央とする比較的規模
  の大きい有感地震が発生することがある」

ということも書かれています。

そして、大地震の予兆であるかどうかに関しては

そうである時もそうでない時もあるというつまらない結論…。

ただの小さい群発地震で終わる可能性も大いにあり

少なくとも今まではそうであることの方が多かったです。

■専門家はなんと言っている?

村井教授はツイートされていません。

23日に出している概要は以下。

概況

・4cm超の週間異常変動(H)は、
山形県の山形小国の1点、
新潟県の小千谷の1点、
福井県の今庄の1点、
京都府の久美浜で1点、合計4点。

週間異常変動図を見ると奥羽山脈、北陸、中国地方の日本海側に異常が集中。
・X,Y,Zの異常変動は小千谷のXとZにあり。
・隆起・沈降は2週連続で全国的に一斉沈降。
Y,Zの値も全国的に2週連続で異常低下。2週続けてある程度大きな異常変動、特に沈降は注意が必要。
出典:http://ch.nicovideo.jp/jesea/blomaga/ar935101

早川教授はツイッターはやっていません。アプリ情報ですと(地震解析ラボ)

東京湾は警戒地域に入っています。

特に、リスクを警告するような話は入ってきていませんね。

ツイッターでは、25日が満月であったこともあり

26日も満足に近く、かつ赤かったために

「阪神大震災の時も月が赤かった」

と、危機感を募らせる言葉が目立った。

ということでまとめますと。

・東京湾群発地震は、1980年台から何度も見られる現象
・もちろん関東周辺での比較的大きい地震の前に発生することもあった
・何事もなかったことの方が多い
・専門家は特に反応していない
・満月が影響したかも!?

首都直下に直接影響するわけではありませんが

引き続き防災には努めていきましょう。

■関連記事

群発地震?奄美大島が変だ!専門家の見解と245年前の30m超え大津波

東日本大震災が人工地震である9コの証拠と、東京で実行される可能性について
地震予言2016科学者から予知者まで公開!意外と抜けている重要地域がある!
地震予知の村井氏・早川氏等の最新12月情報!まだ警戒時期は終わってない!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー