災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

桜島の噴火で稲妻が走る!なぜこの現象は起こるのか?

先日、桜島で大噴火が起こり、もしかしたら継続するかもしれないということも報道されています。

特に桜島に走った稲妻は衝撃的でしたね。

しかし、どうして噴火の時に稲妻が起こったのでしょうか?

今回、桜島だけに関わらず火山の噴火と稲妻の関係について調べてみました。

スポンサードリンク


桜島の噴火で稲妻がなぜ起こる?

桜島の噴火の時のツイッターにアップされていた画像です。

どうやって撮影したのだろうとも思いますが

ここまで来るとCGみたいで現実味が無いですね。(コラだったらすみません。)

なお、この時に発生している稲妻の事を「火山雷」と言います。

上記の画像が嘘か本当かはわかりませんが、火山には雷が伴うのはあり得る現象です。

 

今回の桜島の噴火に関わらず、他の火山においても噴火した際は火山雷は発生しますが

世界的に見ると非常にレアな現象のためどんなに長生きしていても

生きているうちに見れない事の方が多い現象のようです。

 

噴火している時は危険で近づきにくいために観測が非常にしにくい現象でもあります。

では、火山雷はどんな条件で発生するのでしょうか。以下の見出しから紹介していきます。

スポンサードリンク


火山雷の発生条件

火山から吹き上がる水蒸気、火山灰、火山石などが大きく摩擦し

そこからの摩擦電気から生じる事や

水蒸気が少ない場合でも火山灰と火山石の摩擦から生じます。

 

しかし、水のように流れやすい性質の溶岩を吹き上げる火山の場合、

その溶岩自体が電気をよく通す性質でもあるため火山雷は発生しません。

 

ちなみに摩擦電気から生じる雷のため、台風の雷よりも威力は高いようです。

なお、桜島の火山雷は古くからの記録にも残っており、

桜島が誕生する際には「煙のような雲が覆い、稲妻が時々走っていたが

雷音に似ているけど雷ではない」

と言った記述が残されています。

 

日本の火山は溶岩の粘性が高い事が多いため火山雷を見かけやすいようです。

桜島の噴火だけでなく、那須岳や浅間山の噴火の際にも必ずと言っていい程

火山雷を観測する事が出来ます。

 

それにしても今回は激しい噴火とは言えど

被害者は0人で本当に良かったですね。

では、最後に桜島の噴火による海外の反応を紹介します。

桜島の噴火による海外の反応

・噴火で稲妻が走っている現象なんて初めて見た!

・こんなところに原発を作るなんて馬鹿だ。

・桜島は日本で最も活発な火山だけど、世界的に見ても最も活発な火山でもある。

・日本には100以上の火山があるが、そんな国に50箇所も原発があるなんておかしくないか?

・九州電力の川内原発は桜島から50Kmしか離れていないんそうだ。

・・・いかがでしょうか。

 

筆者としても火山の噴火の話題からだんだん原発の話になっていくのが意外でした。

日本人は完全に桜島の噴火の事だけに目が行ってる事に対し

海外の方は噴火の話に絡めて原発の話題を出してくるのが

やはり物の見方が違うのだなあと感じました。

 

どの道、噴火が起きやすい事に変わりはないので

被害を大きくしないためにも万全の対策で災害に臨みたいですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー