災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

洪水警報の基準を心得よ!大雨警報等との違いで分かれる判断の微妙な差!

「千葉県外房に洪水警報が発令されました。」

こんな言葉がよくニュースで流れますね。

洪水警報というのだから、洪水が起こりやすいのでしょうが、

一体何を根拠ににして、どのような基準で発令されるのでしょうか。

正しく知っておきたい洪水警報の謎を見てみましょう。

スポンサードリンク


え?そうなの!洪水警報の基準!

「洪水警報」とは、河川の氾濫や増水によって重大な災害が発生

する可能性が高いときに気象庁より発令されます。具体的には、河川の決壊、越水、

最悪の場合はダムの決壊などです。どれも川に関わる災害です。

 

さて、洪水警報が出される基準は2つあります。それは、降雨量と

流域雨量指数です。このうちの片方または両方が基準値を超えると

洪水警報が発令されるわけです。

 

1.降雨量

降雨量は1時間または3時間で観測します。1時間の間にまとまった激しい雨が

降ったかどうか、3時間の間に長く雨が降ったかどうかという点が判断対象になり、

それが一定値を超えていれば警報発令です。

 

2.流域雨量指数

川は複数の都道府県、市町村にまたがっていることが多々あります。

一つの地域では洪水警報の基準に達しなくても、複数の地域で雨が降り

それが合流することで洪水の危険があります。そのとき、計算に

使用されるのが、この流域雨量指数なのです。

 

これは、上流で雨が降った場合に、どれだけの雨が河川に流れ込むかを数値化したものです。

上流で降った雨が多くて基準値を超えるなら警報発令です。

 

よく混同しがちな警報に大雨警報があります。洪水警報はよく、大雨警報と

同時に出されますが、の警報です。洪水警報川の洪水による災害の

警報に対し、大雨警報建物の浸水や土砂崩れに対する警報です。

大雨警報も降水量を基準にしていますが、ふたつ目の基準は土砂崩れに

関する基準です。

スポンサードリンク


指定河川洪水予報って何?洪水警報と違うの?

よく、洪水警報と共に、はん濫注意水位はん濫危険水位という言葉が

出てきます。これは何なのでしょう。これは「指定河川洪水予報」といって、

個別の河川について洪水が発生することを伝える警報です。

 

確かに、「◯◯川がはん濫危険水位に達しました」などと河川名と

併せてニュースで流れますね。

洪水警報が気象庁単独により発令されるのに対し、こちらは国土交通所と

気象庁が協同で発令します。発令される内容は4つあります。それは

1、はん濫注意情報
2、はん濫警戒情報
3、はん濫危険情報
4、はん濫発生情報

で、後者のものほど深刻な事態です。

これらの情報は、「河川の水位」が基準になって発令されます。基準は5段階あり

1:水防団待機水位
2:はん濫注意水位
3:避難判断水位
4:はん濫危険水位
5:はん濫の発生

とあります。

 

大雑把に言ってしまえば、広い範囲での洪水に対する警報洪水警報で、

個別の河川の洪水警報指定河川洪水予報です。

警報や情報の意味を正しく知り、防災に役立てたいものです。

■関連記事

洪水・氾濫・冠水・浸水の違い。知っておくことで地形や状況がより分かることになります!
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー