災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

災害時にペットを避難させる時の現実とは!?

日本は自然災害が多い国です。いつかきっと私の身にも避難所生活を強いられることになる

現実が一生に1回か2回は訪れるのだろうな,と考えています。

ところで、ペットはどうなるのでしょうか?

避難所に愛するペットを連れて行ってもいいのでしょうか?

スポンサードリンク


災害時にペットを連れて避難できるの?

詳しく調べてみたところ

結論からいうと、災害時にペットを連れて避難することはできます。それどころか

環境省から推奨されています。それは過去の教訓からできたものです。

 

過去の災害で、ペットを置いて避難する人が大勢いました。ところがペットと

離れ離れになると、あとからペットを探すのは非常に困難です。災害時でただでさえ

人手が足りないのに、そこにペットを捜索する手間が加わったら大変なことになります。

 

動物愛護の視点からしても、その間にペットが衰弱・死亡することはよくありません。

さらに、そのペットが生きるために外へ出てしまった場合、繁殖して公衆衛生を

脅かしたり人間に危害を加えたりする恐れがあります。

 

ペットを連れて避難することは、飼い主にもメリットがあります。それは、避難所での

ストレス軽減です。人間は極度のストレスが続くと身体が不調になります。

男性は特にストレスに弱く、ストレスが原因で死亡することさえあります。実際に、

過去の災害では、災害関連死ということでストレスが原因の死亡事例があります。

 

ペットのことを心配するのは多大なストレスになります。ペットは飼い主にやすらぎを

与え、ストレスを軽減させます。飼い主の身体の健康という点からもペット同伴での

避難が推奨されるのです。

環境省のページに書かれていますので、詳しくはこちらでどうぞ。

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html

スポンサードリンク


災害でペットと避難したときに発生する問題

ペット同行での避難が推奨されていることは、上で述べた通りです。ところで、

それで問題はないのでしょうか?東日本大震災を始めとした大規模災害では、

実際に問題が発生しました。ペット同行での避難の問題点を見てみましょう。

1.動物アレルギー

自分にとってはかわいいペットですが、特定の動物に対してアレルギーを持つ

体質の方がいます。猫に近づくと身体が痒くなるなどの猫アレルギーは有名な症状です。

 

2.鳴き声

動物ですから、鳴いたり吠えたりします。避難所では、それが騒音となり

問題になります。

 

3.臭い

ペットの臭いも問題になります。多くの人があつまるところでは、想像以上に

臭いに気をつけないといけません。女性のほうが嗅覚が鋭く、気にする傾向にあります。

 

4.排泄

ペットの排泄物も問題となります。悪臭や公衆衛生の問題が発生します。

残念ながらこれらの問題が起こり、ペットの同伴に規制がかかった避難所も

あります。これらの問題を起こさないようにするために、ペットのこまめな

ケアが必要です。ペットはストレスを感じると鳴きます。ペットがストレスを

感じないように頻繁に接してあげることです。

 

そして、臭いの対策のために

シャンプーなどを頻繁にしてあげることです。排泄物はこまめに片付けることです。

動物アレルギーの方がいるかもしれないので、ペットの飼い場所に気をつけます。

これらの問題を解決するために重要なのは、ペットの食事やケア用品も一緒に

避難所に持ち込む必要があるということです。ペットへの食料配給はありません。

ペットの世話をするためのブラシ、シャンプー、保温のためのダンボールなどは

自分で持って行きましょう。

 

環境省がペット同伴での避難を推奨しているというのは、ちょっと驚きでしたね。

動物愛護が環境省からも明示されているという点では非常に安心感を覚えましたが

やはり現実的に動物嫌いの人もいらっしゃるので、避難所ではトラブルはどうしてもあるようです。

これからの新常識として、しっかり覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー