災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

災害時のメール規制は今どうなっている?遭ってからでは遅い今知るべき2つのこと!

災害時、特に我が国では地震に対する備えが必要です。身内や知り合いの

安否確認、情報の収集にメールサービスは役に立ちます。ところが、

東日本大震災では、電話回線自体が規制されていて、その回線を利用した

メールサービスも遅延していました。このようなとき、どのように

連絡をとればよいのか考えます。

スポンサードリンク


災害時には通話は規制され、メールサービスは遅延する

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、地震が発生した直後から

津波到達あたりの電話回線使用量が50倍から60倍に跳ね上がりました。

そして、警察、消防・救急への回線確保、中央省庁と被災地役場の連絡のために

電話回線に規制がかかりました。固定電話で最大80%~90%、携帯電話では

最大70%~95%規制されました

 

固定電話回線の規制はすぐに解除されましたが、

携帯電話回線は震災発生後の数日間に渡り、規制が続けられました。

メールサービスは、通信事業者によって異なりますが、全く通信規制をしなかったか、

あっても最大30%の通信規制でした。そのため、東日本大震災ではメールサービスが

情報の伝達に役立ったわけです。

 

しかし、これはリアルタイムの情報伝達には

向いていませんでした。メールの規制があまりなかったとはいえ、メールは大量に

送られ、多くが通信事業者のサーバーから相手に発信されるのを待っている状態

でした。そのため、NTTドコモではメール全体の約85%で遅延が発生する事態に

なりました。

 

電話をかけてもつながらない、メールを送っても遅延してリアルタイムの情報が

伝わらない。どの方法を使っても、身内や知り合いとの安否確認や情報取得が

困難だったわけですが、そのような時は災害用伝言ダイヤルや、災害用伝言板

使用すれば連絡が取りやすくなります。

スポンサードリンク


災害発生時は災害用伝言ダイヤルを使う

災害用伝言ダイヤルは、大規模な災害が発生したときにメッセージを録音して

伝えることができるシステムです。被災地から録音は、まず固定電話から171

電話をします。携帯電話、PHS、IP電話からの録音は出来ませんので、

注意しましょう。

 

ガイダンスに従って伝言を録音します。録音には

自宅の電話番号が必要です。伝言の再生は、177に電話をかけ、ガイダンスに

従って録音者が登録した自宅の電話番号を入力します。これで、連絡が

取れるのですが、連絡を取りたい人同士が、事前に災害時に災害用伝言

ダイヤルを使うことを知っていないと意味がありません。災害用伝言

ダイヤルの体験ができるので、操作方法を覚えておくことをおすすめします。

 

災害用伝言ダイヤルは、固定電話を利用したサービスのため携帯電話では使えません。

そのため、携帯通信事業者各社は災害時に使用できる災害用伝言板を設置しています。

 

災害用伝言板を使うと、登録したメールアドレスに文字データを送信できます

使用方法は通信事業者により異なりますので、各社のサイトを御覧ください。

注意すべきなのは、スマートフォンの方です。ガラケーには予め災害用伝言板にアクセス

できる仕組みが入っていることがほとんどですが、スマートフォンの場合は、

事前にアプリケーションのダウンロードが必要な場合があります。災害に

遭ってからではダウンロードしようにも回線が繋がらなくなってダウンロード

出来ないという事態が起こりうるので事前に用意しておきましょう。

 

避難訓練のついでに災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板の使い方も

覚えておきましょう。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー