災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

熊本の地震で阿蘇山はどうなる?過去の事例を振りかえり見えてくるものは?

16日未明、これが本震と言われるM7.3の地震が再び襲いました。

今回の震源は阿蘇山からも近く、地震の後に火山の大噴火をついつい想像してしまうところですが

実際のところ影響はどうなのでしょうか?現時点の最新情報と、過去の事例を見てみましょう。

スポンサードリンク


熊本の地震で阿蘇山への影響は?

まず現在のところ、国は2015年11月24日に噴火警報レベル2に上げてから

16日午前の時点で、警報レベルは上げていません。つまり今のところは、阿蘇山に変化はないということです。

参考:http://www.jma.go.jp/jp/volcano/map_6.html

しかし、だからと言って今後も問題ないとは言い切れません。

専門家も「影響はないとは言い切れない」と発言し、現在解析を急いでいるとのこと。

 

阿蘇山との位置関係

今回M6以上がほぼおなじところで3回起こっています。

2016年4月14日 21時26分頃 M6.5
2016年4月15日 0時3分頃 M6.4
2016年4月16日 1時25分頃 M7.3

位置としては地図的には以下
aso2

右上に阿蘇山があります。直線距離は30km弱 となります。

スポンサードリンク


火山と地震との関係

基本的な考えとしては、地震によって火山のマグマを圧縮するような地殻変動に動いた場合は

マグマの圧縮により火山噴火に繋がるといわれています。

今回は個人的見解では、そうなってもおかしくない位置ではあります。

あとは実際にどう地殻変動したかは専門家が解析することでしかわかりません。

しかし、今回の地震は布田川断層と見られ、それは阿曽山をはじめとして九州から
四国、愛知、静岡、長野に長く走るもので

決して、阿蘇山は大丈夫とは言えないのである。

<追記>

産経新聞の報道によると政府の地震調査委員会は、M7.3の本震で布田川断層で27キロ断層のズレは
阿蘇山のカルデラ(くぼ地)に達したことを明らかにしました。

記事では、火山についてなぜか一切触れられていなかった。

少なくとも阿蘇山に影響を与えたことは確かだ。
影響というのは、無反応であることも、悪く出ることも、良く出ることもある。
どうなるか…。

 

阿蘇山と地震と過去

阿蘇山は大規模な噴火が過去4回あります。
といっても人類がいない時も含めてでAsoー1~4と表現されるのですが

そのうちのAso-4については日本中を巻き込むものでありました。

火砕流は九州中央部を覆い一部は海を越え山口県秋吉台まで達し、火山灰は日本海海底、北海道まで達した

と記述されていて、大変な災害だったことがわかります。

ただし9万年前です。

もし、何万年に1度の噴火が起こってしまったら終わりですが

0.000001%(数字は適当)の確率であり考慮すべきではないでしょう。

未来がどうなるかは誰にもわかりませんし、

自然をコントロールすることは出来ません。

ただただ、祈るしかないというところです…。

■関連記事

熊本大地震の予兆まとめ!クジラ・地震雲・前震・火山の関連性について

熊本で震度7!被害状況や原発の影響の最新情報!予知はされていたか?

地震前兆最新情報!村井・早川氏4月予想は?月の満ち欠けと潮位の警戒日!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー