災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

台湾は熊本地震でなぜすぐさま義援金1000万円をどこよりも早く届けてくれたのか?

日本に災害が起こると台湾がすぐさま必ず助けてくれます。

熊本の地震でも義援金を1000万円、発生して2日で用意し届けてくれています。

なぜこんなに日本によくしてくれるのでしょうか。

スポンサードリンク


熊本の地震でなぜ台湾は義援金1000万円も送ってくれるのか

ニュースによると4月15日に熊本に1000万円を寄付する事を発表したほかに

必要な支援があれば全力を尽くしたいとの事です。

熊本県は台湾の高雄市で起こったガス爆発事故や

2月に起こった台湾南部地震の被災地に義援金を送っていた事や

国際交流促進覚書を結ぶなどかなり良好な関係のようです。

 

また東日本大震災の時も1999年の台湾中部大震災と

2009年の南部台風災害で支援してくれた事を理由に

3月11日のうちに30万台湾ドルを送る事を発表したほか

12日には1億台湾ドルに増額し、その翌日には被災地に援助隊を送る事を

発表してくれました。

 

最終的に義援金は280億にもなりました。

なぜここまで親日国になってくれたのでしょうか?

理由としては

・台湾の英雄的存在である「鄭成功」「孫文」「蒋介石」が日本と深く関わりがあるため

 日本へ良い感情が芽生えてくれたから。

・教科書に出てくるくらい英雄的存在の日本人がいるから。

・日本が台湾を植民地にしていた時に欧米みたいな支配の仕方をせず

 土地改革、ライフラインの整備、学校教育など

 台湾にとって様々な良い事をしてくれたから。

・元々台湾に住んでいた人達が日本の植民地だった頃の方が良かったと

 反発するほど戦後の中国の政治のやり方が酷かったから。

のような事が挙げられます。

元から日本と台湾の間に歴史上で深い繋がりがある事や

何か災害が起こった時に日本も台湾に迅速に義援金を送る事から

今回もこんなに早く義援金を送ってくれたのではないかと思います。

実際に今回の地震について台湾の方々から

このようなメッセージが送られています。

「日本頑張れ!あなた達のこれまでの助け、ありがとう!今回は私達が努力して返すからね。」

「日本人はずっと私達を助けてくれた。今度は私達が返す番だ。」

「日本に一度寄付しただけで今まで覚えててくれ、中国に寄付を何回してもミサイルを向けられる。
台日友好、ありがとう日本。」

「台湾で災害が発生したら日本が助けてくれた。
今度は俺たちが返す番だ。日本に神のご加護を、熊本頑張れ!
くまもんが大好きです。」

出典:https://www.facebook.com/khh.travel/?fref=ts

何だか台湾っていい所ですね。感動で筆者も泣けてきました。

ところで今回の地震について海外ではどんな反応が起こっているのでしょうか。

スポンサードリンク


熊本の地震についての海外の反応

今回の熊本の地震に対して海外の人々は以下のような反応をしています。

菅官房長官の発表のYoutubeに対するコメントは凄いことになっています。

「なんてことだ。また日本でこんな規模の大地震が起きてしまうなんて。」

「津波の被害は大丈夫!?」

「余震の規模が大き過ぎるのが恐い」

「被災した日本の皆さん、どうか頑張ってください!」

「どうか1人でも多くの人達の命が助かって欲しい!」

「私は日本が大好きだ、日本の皆さん、どうか頑張ってください!」

「日本は不死鳥のように再び復活するさ!」

出典:https://youtu.be/FWlyJ5Dz9d8

いかがでしょうか。

海外の方々からの声に感動しっぱなしです。

筆者までかなり勇気づけられる気がしました。

今回の地震で熊本や大分はかなり酷い傷を負ってしまいましたが

様々な方々の声援を受けながら

少しでも早く復興する事を心から願っております。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • 小泉慎二
    • 2016年 9月 26日

    過去の震災で台湾はほとんど支援金を送ってきてません。

    東日本大震災での支援は馬英九の政策です。
    馬英九は、テレビなどマスコミを使って、強引なくらいに、東日本大震災への支援を呼びかけました。

    結果、日本は、これまで尖閣周辺で乱暴狼藉を働いてきた台湾に対して「親日」というイメージを持ち、台湾のためなら何でもしてあげる、という方向に向かいました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー