災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

真夏日 猛暑日 夏日の定義の違いを確認し気温に敏感に対応出来る現代人になろう!

気温にに関わる用語はいろいろあります。例えば、

「真夏日」、「猛暑日」、「夏日」といった用語を天気予報でよく耳にします。

それぞれ、どのように定義され、どのように違うのでしょうか。

調べてみました。

スポンサードリンク


真夏日、猛暑日、夏日はどんな定義?どんな違いがある?

「夏日」、「真夏日」ともに日最高気温に関係する用語です。

夏日は日最高気温が25度以上の日、

真夏日は日最高気温が30度以上の日のことです。

もともとはこれだけだったのですが、日最高気温が30度どころか35度を超える日が多くなったため、

35度を超える日を「猛暑日」としました。

これはすべて気象庁による命名です。

 

ところで、「酷暑日」という言葉も聞いたことがあります。これは実はマスコミによる

命名です。きちんとした定義はありませんが、一般的に日最高気温が35度を超えた日の

ことです。これだと猛暑日と全く同じですが、誰が使い始めたかという点が違います。

 

「猛暑日」という言葉自体、2007年4月1日から正式に気象庁が使い始めただけで、

それ以前に日最高気温が35度以上の日の呼称はありませんでした。マスコミが

「酷暑日」という言葉を使うようになり、その後気象庁が「猛暑日」を採用。

 

マスコミも「猛暑日」という表現を使うようになったというのが経緯です。

また、これらは気温による定義なので、季節は関係ありません。春や秋や冬に気温が

25度を超えれば夏日、30度を超えれば真夏日となります。よく、春先の天気予報で

「明日は夏日になります」という表現を聞きますよね。

 

夏には他に「熱帯夜」という用語もあります。これは、日最低気温が25度以上の日を

指します。夜になって気温が下がっても25度以上あるので、寝苦しい日になります。

筆者は、朝起きたら熱中症になっていたことがあります….。

スポンサードリンク


東京の猛暑日と人間の関係

東京ではヒートアイランド現象と呼ばれる現象が発生しています。都心が最も気温が

高く、郊外に向かうほど低くなります。コンクリートやアスファルトなどの人工物で

覆われた地面は熱を吸収しやすく、これらが多い都心部の気温が上がっているのです。

 

他にもエアコンの使用による気温の上昇もあります。エアコンは室内の気温を下げるために

電気を使って熱移動をしますが、エアコンで使われる電気の一部は熱エネルギーに

なります。室内の温度は下げることができるものの、全体としては温度を上げる要因に

なっているのです。

 

東京の猛暑日は、1910年代までほぼありませんでした。1910年とは明治43年です。

ところが1920年代になると、徐々に猛暑日が現れるようになります。その傾向は

1980年代まで続きます。1990年代になると、猛暑日が急激に増えるようになります。

2010年には、年間13日が猛暑日という記録ができました。

 

東京の気温は確実に上昇しています。

そして、東京の場合、平日に真夏日になりやすいという特徴があります。

人間の経済活動が、気象にまで影響を与えていると考えられています。

 

地球温暖化といわれてかなり年数が経ちますが、近年はもう目に見えて異常な

気象が続くようになりました。20年以上前に地球温暖化を予言した科学者は正しかった

ようです。地球温暖化による災害に備えて、私達も適応していくしかありません。

便利なグッズも開発されていますのでそれを使って乗り切りましょう。

■関連記事

熱中症対策グッズの子ども用リスト!ラニーニャによる酷暑に備えよ!

ラニーニャ現象で日本が猛暑になるのはなぜ?低気圧は少ない?シャレにならない熱中症の被害者数!

エルニーニョの反対のラニーニャ現象があまり報道されない理由!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー