災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

茨城の水没がまるで津波のよう!今回の線状降水帯・大雨特別警報の被害まとめ

浜松や茨木の水没はまるで津波のようでした。

今回(2015年9月10日)は「台風の勢力が弱い」とお伝えしておりましたが

雨量がとんでもない状況となっており、誰も事前に予想出来ませんでした。

今回の被害状況と、今後の教訓をまとめます。

スポンサードリンク


まずは茨城を中心としたツイートです。

9月10日茨城、埼玉などの被害状況まとめ

次に浜松を中止としたツイートです

スポンサードリンク


次に埼玉県です。

今回は台風が去って、温帯低気圧になった後の出来事で(浜松は違いますが)

警戒心も低かったかと思います。

そして線状降水帯という初めて聞く言葉が出てきました。

線状降水帯とは、

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。

ということですが、

今回被害に合わなかった方も、この線状降水帯がもう少しズレていたらどうなっていたかわかりません。

かく言う筆者もヒヤヒヤとしておりまして、

荒川がいつ氾濫するか、荒川河川敷のライブ・ビデオを何回もチェックしておりました。

少しズレていれば、私はこのブログを書く余裕さえなかったでしょう。

「大雨特別警報は、津波をもたらすこともある」

と今後心得たいと思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー