災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

茨城県北部地震の過去は?なぜこの時期に?数字で見てわかる2011年以降の異常!

2016年12月28日21時38分、茨城県北部にて震度6弱の地震が起きました。

茨城県の地震といえば「南部」が主で、首都直下地震の可能性も「茨城県南部」の可能性を指摘されていました。

しかし、今回速報では「北部」においてM6.3で最大震度6弱が伝えられています。

茨城県北部地震について過去歴を見てみました。

スポンサードリンク

茨城県北部地震の過去は?

茨城県北部地震12月28日21時38分の震度6弱については以下のように速報で流れました。


出典:iPhoneアプリ「ゆれくる」

南部は地震の巣ということで有名ですが、北部はそこまででないと個人的には思っていたのでショックです。

1923年以降の気象庁データベースから、「震度5弱以上」を出してみました。


出典:気象庁データベース

今回は赤丸の近くで起きています。まったく同じ場所ではありません。

この93年でたった10回しか震度5弱以上が起きていないのです。

しかも最高震度5強でしたので、今回はこの地域で記録以来、史上最高クラスの震度となります。

スポンサードリンク

2016年茨城県北部地震の前兆はあったか?

さらに2016年茨城県北部は前兆があったのか?震度1以上の地震を出してみました。

震度1以上は、今年だけで、50回起きています。




出典:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

これは多いのでしょうか?少ないのでしょうか?
ここ数年と比べてみましょう。

2016年:50回(12/27までで)
2015年:51回
2014年:103回
2013年:133回
2012年:205回
2011年:795回

2010年:8回
2009年:11回
2008年:9回
2007年:3回
2006年:8回
2005年:4回
2004年:10回
2003年:7回
2002年:6回
2001年:7回
2000年:7回
1999年:2回
1998年:5回
1997年:4回
1996年:4回
1995年:8回

*震度5が起きていた1930年も調べてみました。その年は震度5含めて18回となっています。ただし地震計が少なかった時代ですので今より少な目のカウントの可能性があります。

これを見るとわかりますように、東日本大震災以降の2011年から異常に多くなってしまっているのが分かります。それまでは10回以下/年のところだったのです。
そして、2015年から落ち着きかけたところで今回の震度6弱ということが分かります。

ただいま余震が続いております。
十分に安全に気を付けてください。

■関連記事

茨城北部震度6弱に前兆はあり予知されていたかを検証

茨城南部で地震が多いのはなぜかの答えと首都直下の可能性について

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • JA7TDO
    • 2016年 12月 30日

    J-PARCがある場所です。ニュートリノが大量に発生する実験を行っているので、その影響です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー