災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

路面凍結での車の走り方!非雪国はこの基本ポイントを抑えておこう!

ようやく待ちに待った雪が降りました。記録的な暖冬で、日本各地の

スキー場が壊滅状態の中、これは朗報でした。ところで、雪や凍結路面は

歓迎しない方の方が圧倒的に多いですよね。スキーヤーでも道路の凍結路面は

望んでいません。厄介な凍結路面での車の走り方の基本のポイントをお伝えします。

スポンサードリンク


正しい凍結路面の走り方

凍結路面ではタイヤのグリップ力が極端に失われています。グリップ力とは

タイヤが地面をつかむ力のことです。グリップ力が失われるとタイヤが

浮いたような状態になります。ブレーキをかけても車は滑り続けて

止まらず、ハンドルも効きにくくなります。急なブレーキや急なハンドル操作を

しても、凍結路面の上を滑るだけで効きません。

 

スピードを落として適度なハンドル操作で曲がるようにしましょう。曲がらないからとさらにハンドルを

切ると、突然路面の状況が変わり事故になりかねません。急なブレーキを

避けるテクニックにエンジンブレーキがあります。エンジンブレーキで

減速していれば、フットブレーキでの操作は減ります。下り坂では、

ぜひ使いましょう。

 

また発車はゆっくりと行います。急な発進をするとタイヤがスピンして、

左右にクルマがブレることになります。

とにかく、凍結路面では急な動作をしないことは鉄の掟です。

 

カーブに入る手前で減速し、カーブを抜けた後で加速します。カーブの

中ではハンドル操作に集中すべきです。後ろから速いクルマが来るかも

しれませんが、無理はせずに道を譲ってしまいましょう。

スポンサードリンク


1cm雪が積もっていたら事故になる

1cmの雪を侮ると事故を起こしかねません。高知県で用水路に転落してしまった

ドライバーの話だと、「完全に制御を失ってしまい、何もできなかった」らしい

です。スタッドレスタイヤでないなら、1cmの雪でも脅威だと考えましょう。

 

路面状況は雪だけとは限りません。怖いのが路面が通常のように見える

アイスバーンです。これは道路の表面に水滴が付き凍り、それが通行するクルマなどに

よって磨き上げられた状態です。この場合は1cmどころか1mmでも危険です。

 

この状況が起こりやすい場所があるので、その付近ではより注意します。

・山などの北側で陽の当たりにくい場所

・風の通り道となっていて、温度が下がりやすく乾燥しやすい場所

・近くに小川や滝があって水しぶきが飛び散っている場所

・橋脚など、道路の下が空いている場所

 

これらの場所に入るときは十分に減速して、万一スリップしたときでも

安全に停止できるように運転すべきです。

 

いかがでしたか?

筆者は関東育ちですが、一時期仕事で仙台で過ごしていました。

冬はあたり一面雪で凍っています。

スタッドレスにしたのに、なぜか下り坂は私だけツルーっと滑っていました。

他の車がかなり離れていたから良かったものの、いれば確実に追突状態。

慣れないとこういう現象があるんですね。

 

感覚的にもグリップが効きやすい状態とそうでない状況を

雪国のベテランドライバーは掴んでいるようで、上手に走っていましたね。

とりあえず、凍結路面初心者はとにかくゆっくりゆっくりと運転するのと、

事前にスタッドレスと、今回紹介した基本知識でのぞみましょう。

何よりも慣れが一番ではありますが…

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー