災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

都内の地鳴り地震との関係は?誰も指摘していないけど原因はこれです

都内の地鳴りが1月5日からツイッターで報告され、地震が来るのではないか?
と話題になったのは記憶に新しい。

当サイトの地鳴り記事が急にアクセスが伸びたので筆者も気になっていた。

そして1月6日に北朝鮮の核実験。

地震自体は1月6日に関東で3件起きたのみ。詳しく見てみよう。

スポンサードリンク


都内の地鳴り地震との関係を検証

都内の地鳴りの報告についてだが、

筆者は、元々地鳴りと地震との関連はそこまで信じていなくて

また飛行機音やなんやらの勘違いかと、1月5日に噂になった時は軽く見ていたのが正直なところ。

しかし、ツイッターの報告は、あまりにもリアルだし、

一斉に、皆が言うことには違和感は持っていた。

以前も記事にしたのに加え、地鳴りの音と似ているのは以下

・地震が起こった時に、その振動が音として聞こえること
・飛行機の音
・海の大型船のエンジン音
・自衛隊の訓練で大砲?なんかを撃っている音
・ヘリコプターの低空飛行
・火山活動
・隕石落下
・ダウンバースト現象(突風を伴う下降気流が地面に衝突)
・上空の大気の温度差で音が屈折する現象により100kmから150km先の遠くの大きな音が聞こえることがまれにある
(→出典http://tokyo.thepage.jp/detail/20160107-00000006-wordleaf?_ga=1.267165768.750305474.1449714986)

 

最後のは新しい見解なので付け加えたが

基本的には上のいずれかが、「ドドドド」と「ゴゴゴゴ」が同時になっているような音が地鳴りとなって聞こえる。

■都内の地鳴りは地震の音であるか?

まず1月5~6日の地震についてみてみよう。

関東周辺の地震は以下だ。

・1月5日15時07分 栃木県南部 M2.8 震度1 深さ10km (日光市・鹿沼市あたり)
・1月6日6時23分  茨城県沖 M3.4 震度1 深さ40km
・1月6日16時25分 茨城県北部 M2.5 震度1 深さ10km

関東ではないが
・1月6日22時9分 静岡県西部 M3.5 震度1 深さ40km (浜松、島田市あたり)

という状況7,8日は関東周辺では起きていない。

これらの地震の規模であれば、よく起きていることだ。

ツイートで多かったのが1月5日の14時ごろ。

広く見ると10時~15時の間がツイートが東京都内で地鳴りが聞こえたという

報告が多かった。

そうなると、時間帯的には栃木南部のM2.8が15時7分なのでマッチすることになる。

よって、規模は小さすぎる疑問が残るものの、可能性は否定出来ないということになる。

スポンサードリンク


1月5日の地鳴りを検証 もしかしてこれ!?

次に自衛隊のイベントについて調べたところ「これじゃないの!」という情報が

■輸送ヘリコプターからの降下訓練
時期 :1月5日(火)~8日(金)1月10日(日)
出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/1abnb/

とあるではないですか!

1月5日の07:00~20:00の間に
場所が習志野演習場及び習志野駐屯地とのこと。

都内近いですね…。

個人的にはこの「ヘリコプターの音」が地鳴りに聞こえた、

というのは十分あり得ると思います。

というのも降下訓練だとかなり「低空飛行」となります。

そうすると、高所でのヘリコプター音とは違い、余計に

低く、地面が揺れる感じの音となります。

 

ですので、私はこの情報を見た時ほぼ確信しました。

他の現象も検証しようと思いましたが、これで間違いないと思いますのでここまでで結論としてしまいます。

 

ということで、1月5日の地鳴りの原因は

習志野自衛隊駐屯地における、「ヘリコプターの降下訓練」による

ヘリコプターの低空飛行が原因と結論します。

■関連記事

今日の地鳴り情報と地震との関連はここで分かる!東京含めリアルタイムで知るウソホント

地震と地鳴りの関係。予兆という勘違いと、移動音による怖い感じ

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • 嶋田正廣
    • 2017年 5月 26日

    大規模地震発生前の断層からのシグナルとしての地鳴りを計測するには、防音シートで人工音や自然音を排除して、地下からの低周波音・地鳴を計測記録して、音量のアップ・異常を記録して2週間程度先に大規模地震の発生が予見できます、音量㏈の推移波線グラフが一段と上昇すれば、24時間程度で地震が起きます、計測数値がさらに上昇しピークに達した時に地震が起きます。物体も地盤もその最高音量の振動音を発して破壊されます。地震発生タイミングの状況です、国にも認められ学者も研究していると赤羽衆議院議員から聞きましたが、本気で取り組んでいるかは不明です。完成すれば地鳴りの起きている範囲で地震の規模も判明し、計測地域の電車も地震発生前に停車できます、自費で低周波音計測機を購入して南関東で色んな場所の地下低周波音の基礎数値を調べて、大規模地震の前兆現象が報道された時に、再度計測してみようかなと考えたいます。協力できそうな方はお友達になってください、人類史上初めての計測機器による地震予知を実現してみませんか。

  1. 市販されている低周波音計測機で、貴男個人で地震予知が可能です。地震学者や政府は地震計での地震予知を試みていますが、振動を一本の波線グラフで表示した震度計では、音圧を表示できません。低周波音計測計では10本以上の周波数の音量を波線グラフで表示でき、大規模地震の前兆現象として、増大した音量に怯えて動物が異常行動を起こします。物体が破壊される前や地下断層が破壊される前にも、音圧のピークを迎えた後で破壊されます。地震発生タイミングと発生場所が予見でき、広範囲に設置すれば、異常計測範囲の広さで地震の大きさが測れます、狭い範囲での地鳴りの計測では大きな地震は起きません。自然音や人工音を排除する為に、医師の聴診器スタイルに防音シートで包み浅い穴の中で上にも防音シートをかぶせ地表5センチ以内の地下岩盤の振動音を計測すると、音圧波線グラフの一番低い数値が、その計測場所の基礎数値に成ります、40デシベル以上の計測数値のアップを計測した時には、2週間程度先に大規模地震の発生が危惧されます。ネットで情報を共有すれば、首都直下地震発生前に電車を停車できます。東京近辺の鉄道会社に進めてみたいのですが相手にされません、電車の乗客や定年後に趣味として、社会に恩返しがしてみたい人や、人々を救う使命感を持つ人に勧めます。外国製の安価な機械も有ります、株式会社リオンの製品で13万円位だったと思いますがネットで調べて下さい、人類史上初めての地震発生タイミングの予知です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー