災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

都道府県別安全で地震が来ない地域ランキング最新版を作ってみた

都道府県別で地震災害において一番安全なのはどこだろう?
引越しを考えた時に1度は今の日本人ならよぎるのではないでしょうか?

地震大国日本においても地域によっては安全なところがあるはず、ということで地震がもっとも来ない地域を
調査してみました。

スポンサードリンク

都道府県別で安全な地震が来ない地域ランキング

これは気象庁データベースで都道府県1個ずつ検索すれば出来ると思ったのでやろうとしたところ
既にやってあるサイトがありました。
しかし、2014年までです。

そこで、2014年まで調べてあるトドランさんのサイトの数字を紹介するのと
ここ2年2015年~2016年終わりまでの数字を当サイトで調べて、当サイトの蓄積したデータから
都道府県別 地震安全ランキングを出してみたいと思います。

トドランさんの1923年~2014年までの都道府県別 地震安全ランキング

*トドランさんはランキング補正ありとなしというのがあるのですが
補正なしは「離島」が入っている、純粋な都道府県別(東京が1位)
補正ありは離島などを抜いたもの、となっています。今回は「人が住む」「引っ越す」ということが前提ですので
補正ありの離島などを含めないものを採用します。

第1位 福島県 55回
第2位 茨城県・茨城県 43回
第4位 北海道 38回
第5位 新潟県 36回
第6位 静岡県 30回
第7位 岩手県 27回
第8位 栃木県 22回
第9位 山梨県 20回
第10位 千葉県・青森県 19回
第12位 長野県 17回
第13位 熊本県 16回
第14位 兵庫県・埼玉県 14回
第16位 広島県 13回
第17位 神奈川県 11回
第18位 東京都・秋田県 10回
第20位 宮崎県・大分県 9回
第22位 石川県・群馬県・山形県 8回
第25位 鹿児島県・鳥取県・山口県・和歌山県・奈良県・三重県 7回
第31位 沖縄県 6回
第32位 京都府・福井県 5回
第34位 徳島県・愛媛県・高知県 4回
第37位 島根県・岡山県・香川県・滋賀県・愛知県 3回
第42位 長崎県・佐賀県・福岡県・大阪府・岐阜県・富山県 2回

出典:http://todo-ran.com/t/kiji/18538

やはりよく見るところが上位ではありますが、この2年で大きく変わったのはやはり九州でしょう。

スポンサードリンク

2015年~2016年末の震度5弱以上の回数

それではここ2年の都道府県別の地震回数をお伝えします。

2015年1月1日から2016年12月31日での震度5弱以上のピックアップとなります。

第1位 熊本 23回
第2位 大分 6回
第3位 茨城 5回
第4位 北海道・青森・岩手 3回
第7位 東京・愛媛・宮崎・長崎 2回
第11位 鹿児島(島を含むと3回)宮城・福島・栃木・埼玉・神奈川・鳥取・島根・岡山・徳島・福岡・佐賀
他0回

福島や宮城で1回のみというのは意外ではあります。

熊本と茨城が多いのが分かります。

ですので単純にこの2年を加えた、1923年~2016年までの最新ランキングとしては以下となります。

第1位 福島県 56回
第2位 茨城県 48回
第3位 宮城県 44回
第4位  北海道 41回
第5位 熊本県 39回
第6位 新潟県 36回
第7位 静岡県・岩手 30回
第9位 栃木県 23回
第10位 青森県 22回
第11位  山梨県 20回
第12位 千葉県 19回
第13位 長野県 17回
第14位 埼玉県・大分県 15回
第16位 兵庫県 14回
第17位 広島県 13回
第18位 東京・神奈川県 12回
第20位 宮崎県 11回
第21位 秋田県 10回
第22位 石川県・群馬県・山形県・鹿児島・鳥取 8回
第27位 山口県・和歌山県・奈良県・三重県 7回
第31位 沖縄県 6回
第32位 京都府・福井県・徳島県・5回
第35位 愛媛県・高知県・島根県・岡山県・長崎県 4回
第40位 香川県・滋賀県・愛知県・佐賀県・福岡県 3回
第45位 大阪府・岐阜県・富山県 2回

スポンサードリンク

当サイトオリジナル都道府県別 地震安全ランキング

上記は過去に起きた回数であります。

当サイトではこれにプラスして、「首都直下地震」と「南海トラフ」を考慮しなければいけないと考えます。
この2つが今後起こると想定されているからです。

南海トラフについては、以下朝日新聞が共同調査したものの死者数部分を参考にします。
http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor5

これを加味して考えると、今までも、そして南海トラフ、首都直下地震の被害も受けないところは
「岐阜県」「富山県」「滋賀県」ということになります。

ここがトップの方に入ってくると言っていいでしょう。

また、一般的に「東日本大震災からの避難先」として1番増加数が多いと言われているのが
「岡山県」です。

岡山県は利便性(ある程度は都会)東京までも1本でいける(新幹線)といった
総合的なバランスの良さからアピールされ、災害避難地として良いとされています。
ただし、南海トラフで1200人の死者を想定されており、津波も来ますので沿岸はリスクはあります。

これらのことを考慮して、当サイトが考える都道府県別 地震安全ランキングを発表します。

また、一応断っておきますが、未来のことは分かりませんし、たった1回の大地震が壊滅的な被害を及ぼすこともあります。
当たり前ですが、絶対はなく責任を持つことは出来ませんので、あくまで参考にする程度でお願いします。

それでも、このサイトを構築するにあたって積み重ねた知識が詰まっているランキングであります。

第1位 島根県・富山県
第3位 岐阜県・滋賀県・福井県・石川県・群馬県・秋田県
第9位 鳥取県・埼玉県・山口県
第12位 佐賀県・長崎県・沖縄県
第15位 岡山県・山梨県
第17位 鹿児島・京都府・広島県
第20位 奈良県・千葉県・東京都・沖縄県・新潟県
第25位 長野・新潟県・栃木県・福岡県
第29位 大阪府・北海道・兵庫県・香川県・神奈川県・熊本
第35位 宮崎県・徳島県・愛知県・大分県・愛媛県・茨城県
第41位 和歌山県・高知県・三重県・岩手県・福島県・宮城県
第47位 静岡県

としてみました。

岐阜・滋賀あたりは専門家の中に問題視している人もいなくはないんですね。(電磁場系の人。串田氏等)
また、県によっても東西南北、沿岸とで違ってきますので正確というのは難しいのではありますが、
このような感じとなりました。

どの地域でも1%以上は可能性はあるのです。
どうなるかはわかりませんがしっかりと備えていきましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー