災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

関東に深刻な水不足!今後の影響はどうなる?8月のために今から備えるべき5つのもの

水不足の心配が報道される中、最近ようやく台風1号が発生しましたが

関東には影響が無さそうです。

今は特に生活に支障はありませんが、8月あたり大変なことにならないかが心配です。

関東の水不足による影響と、その対策についてまとめました。

スポンサードリンク


関東の水不足による影響について

まず現状を見ていきますと

梅雨入りしているがまとまった雨が降らず

首都圏では主要ダム貯水率が平年の半分程度になっています。

 

全部ではないのですが、特に酷いのが八木沢ダムで7月6日時点で

21.8%の貯水率。このままいけば枯れるという状態です。

最新情報はこちら
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/suigen.html

 

また、雪が少なかった事もあり、雪融け水が足りないようです。

現に利根川水系で取水制限が始まりつつあります。

現在関東では節水が呼びかけられており

そのうち給水制限や断水が始まってしまうかもしれません。

 

九州、四国ではものすごい量の雨が降りましたが

関東の方では雨が降らない事が深刻な問題になっています。

現在、取水制限が一部で行われ始めています。

取水制限が20%を超えると、いよいよ我々にも影響が出てきて

30%で給水制限が始まり、時間帯断水、などがあるかもしれません。

断水してしまった時の対策はどうしたらいいのでしょうか。

スポンサードリンク


断水してしまった時の対策

どこまで深刻な状態になるのかわかりませんが

一応、最悪の事態を想定して備えておきましょう。

断水になる前に以下のような対策をしておいたら良いでしょう。

1、飲料水の補充

人間は大体1日に3Lの水が必要と言われています。

事前にストックしておいていざという時に使いましょう。

前記事で書いたように、1人3Lx7=21Lは最低用意しておきたいところ。

たった1200円くらいで今では買えます。

出典:rakuten

2,風呂に水をはっておく

風呂の水はトイレに使う事が出来ます。

断水時のトイレの流し方についてですが

便座周りに新聞紙を敷いた後にバケツに入れた水を

ボコっという音が聞こえるまで流すのがポイント。

トイレが流れなかった時のその悲惨さといったら….想像してみてください。

取水制限10%以内の時にやっておく必要があります。

3,ウエットティッシュの補充

手を洗えないので重宝します。

4,携帯トイレの補充

凝固型の携帯トイレを準備しておくと完璧です。

出典:rakuten

5,タンクに水道水を溜める

トイレを流す時や掃除、食器洗いなどに使いましょう。

前記事にありますように節約して一人1タンクで1週間持つという感じ。

出典:rakuten

 

いかがでしょうか。

この先雨が降るといいのですが、このままだと更に水不足が深刻化します。

今回の記事でまとめた事を対策していきましょう。

特に飲料水に関してはスーパーで補充するとなると、

ことが起こってからでは時既に遅しで売り切れの可能性大でしょう。

震災対策とかぶりますので、確実に家にストックしておきましょう。

■関連記事

関東大渇水の前に備えておくことは2つ!具体的な数字を出してみた

今年の熱中症死亡者数の速報と過去の数字がひと目で分かる表!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー