災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

関東大渇水の前に備えておくことは2つ!具体的な数字を出してみた

既に報道にあがっているように今年は梅雨があったのかなかったのかわからない程

雨がすくなく、いわゆる「水不足」の状態で6月25日の時点で関東のダムの貯水率が

38.4%という状態だ。

ラニーニャ現象によりもともと高気圧が続きやすい地合いのため今後よほど雨に恵まれなければ

1994年以来の、それ以上の関東大渇水に見舞われる恐れがある。

ここ近年体験していないことだけに、もし最悪の事態に備えて今出来ることはなんであろうか?

スポンサードリンク


関東大渇水の前に備えておくことは3つ

関東大渇水によって起こると想定出来ること、それは

・段階的な取水制限 最悪断水も
・農業用用水より生活用水が優先されることにより、農業への深刻な被害 = 農作物の高騰

の2点が大まかな理解となる。

このような深刻な水不足は1994年以来だが、

1994年は関東では結局断水までには至らなかった。四国など一部で断水で大変な思いをした地域はある。

今年は今後の雨次第ではあるが1994年を上回る恐れがある。

どちらにせよ、「最悪」のことを考え備えはしておくべきなのだ。

段階的取水制限

既に6月中旬から関東では10%の取水制限が行われている。

10%だと我々の生活にほとんど影響がない。給水制限とは違うのだ。

しかし、今から皆で意識しないと段階的な取水制限が進み、いずれ断水となってしまう可能性もあるので

自分一人くらいは…という意識はよくない。

取水制限20%くらいになると、学校やスポーツジムのプールの水に制限が呼びかけられるだろう。

もしかしたら一部の高台の住宅地は水の出が少し悪くなるかもしれない。

場合や地域によるが、工業用用水や発電用水、農業用用水も場合によっては20%の段階で

制限がかかってくる可能性はある。

30%になると、いよいよ我々の生活に影響が出てきて給水制限もある。

プールは制限され、無駄使いしている施設は市民から白い目で見られ叩かれる。

そして時間帯による断水も出てくるだろう。

 

「断水」ここまで来ると、我々はどれだけ「備えていた」かによってその後の生活が

快適に出来るかどうかに差が出てくる

スポンサードリンク


断水になった時

断水になった時に1番困るのはなんといっても「トイレ」である。

水が流れない。トイレは臭い。臭いが充満しストレスとなり、人間関係が悪くなる。

今までの大震災で断水となった時、公共トイレがすごいことになっていたのは

なかなか報道されないが一般市民が口をそろえていうことだ。

 

特に女性にとってはトイレは深刻だが、大震災と違うのは自分の家で出来るのので

予め対策をしておける。

トイレの事前対策は必須

トイレは対策しないと本当にストレスだが、対策があればなんら問題ない。

まずお金をかけない対策からだが、

10%未満の節水段階でお風呂に大量の水を貯めておき、

できればポリタンクにもできるだけ貯めておく。

そしてそれを小を流す時のみ使う。

 

大に関しては

45Lのビニール袋を大量に買っておいて、2重にしてそこに用を足してどうにか凌ぐ。

そのかわりこれだとどうしても臭いが外に漏れるのでお金をかけた方がいい。

今では固めるものが出ているので、それを事前に買っておくと1番いい。

以下の様な専用のものが出ています。

出典:rakuten

ビニールは自分で用意するという場合、震災時なんかはペット用の猫砂で凌いだという人もいます。

出典:rakuten

必要な水は何リットル?

キャンプ経験があるひとであれば、トイレさえ乗り切ればなんとかなるものです。

もちろん、お風呂も制限されます。食事も水を使わないものに限定されます。

一日に必要な水の量ですが飲料水で3リットル、トイレなどの生活用水で6リットルと言われます。

飲料水は震災のためにも用意しておくべきでしょう。

震災の平均データとして、断水は7日で復旧しています。

 

もちろん水不足の断水と震災の断水は違います。

結論的には備蓄はあればあるほどいい、ということになりますが

それは非現実的です。ですので、震災データである「7日」と割りきって準備しましょう。

 

それを考えると、1人3Lx7=21Lストックしておくのが目安となります。

今では1200円くらいでネットで買えますからしっかり準備しておきましょう。


出典:rakuten

これは料理の水も含まれます。

そして、生活用水として、せめて一人3Lx7=21Lはストックしておきたいところ。

ポリタンクが20Lですから一人1個分用意しておきましょう。

我が家ではベランダとトイレに家族の人数分常備しています。


出典:rakuten

食料などは震災の備えがあれば問題ないでしょう。

断水するだけで、スーパーはやっているでしょうから。

まとめ

関東大渇水に備え以下のことを準備しておきましょう。

1,トイレ対策として、お風呂に水をため、事前に汚物を固めるものを買っておく
2,一人あたり、飲料水21L、生活水ポリタンク1コ分(20L)

となります。

■関連記事

地震で断水!トレイが使えなくなった時の話!これは今すぐ対策したい!

地震の時女性がトイレで苦労する前に知っておきたいこと

水道管破裂は地震だけじゃなく全国規模で起きている!老朽化はあなたの身近にも

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー