災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

震度階級表は10段階!どれだけの被害が想定されているのかをまとめてみた

震度階級表というものはご存知ですか?

震度5弱、震度5強という言葉はよく聞きますが実はその意味や成り立ちを知らない人は多いのではないでしょうか?

震度階級表とは日本独自で地震の揺れの大きさを表す指標です。

10段階ある震度階級表について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

気象庁の震度階級表は10段階!?

震度の基準は小さい順から以下のようになっています。

震度0、震度1、震度2、震度3
震度4、震度5弱、震度5強
震度6弱、震度6強、震度7

東日本大震災では宮城県にて最大震度7を観測しましたし、熊本地震でも震度7を2度も観測したのが記憶に新しいところです。

気になるのは震度5弱・5強・6弱・6強と細かく分かれているところです。

震度階級によりどれくらいの被害が想定されるか

それでは気象庁が発表している震度階級はどれほどの大きさかを以下にまとめていきます。

簡単にまとめますと以下。

震度0・・・人は揺れを感じない程度

震度1・・・地震の揺れに敏感な人が地震に気づく程度

震度2・・・震度1より地震に気づく人が多くなる。

震度3・・・ほとんどの人が揺れを感じ、電線が少し揺れる

震度4・・・ほとんどの人が恐怖を感じ、歩いていても揺れを感じる

震度5弱・・・歩行に支障が出始め、壁に亀裂が入る事がある。

震度5強・・・棚の中にあるものが落ちてくる。停電被害に合う。

震度6弱・・・立っている事が出来ない状態。多くの建物で壁のタイルが剥がれ、窓ガラスが割れる

震度6強・・・はわないと動く事が出来ない。ガス管、水道管に被害が出始める。

震度7・・・落下物や揺れに翻弄され、自由に行動出来なくなる。主要ライフラインが停止する。

出典:http://goo.gl/BvEoHi

気象庁が発表している表も転載いたします。詳しく見るならこちらです。
kisyotyo_sindokaikyu
出典:http://goo.gl/BvEoHi

気象庁のページにはその他「木造建築」「鉄筋コンクリート」の場合の状況も詳しくありますので

それについては出典先を参考にしてください。

スポンサードリンク

海外の地震基準は?

■台湾の地震基準について

台湾では震度0から震度6までの7段階となっておりますが

基準は日本とほぼ一緒です。

震度階級にも様々な種類がありⅠからⅩの階級に分類したメルカリ震度階級というものがあります。

ヨーロッパではⅠからⅫ階級からなるメドヴェーデフ・シュポンホイアー・カルニク震度階級

といったものが使用されています。

詳しくは割愛しますが、このように国によって地震の大きさの基準が違いますが、基本は似たり寄ったりと言えるでしょう。

日本の耐震基準はどこまで耐えられるか

日本で最初に耐震基準が定められたのは大正9年の事です。

そこから関東大震災や阪神淡路大震災など大きな地震が起こるたびに耐震基準は変わっていきました。

特に1995年の阪神淡路大震災以降の改定は大きく、建築業界としてはかなり大きな変換だったようですし

我々一般人も大きな地震が来るとその違いに驚かされます。

 

東日本大震災の後で建てられた建物と阪神淡路大震災の後で建てられた建物と比べても

大きな地震が起こるたびに変更されているので

東日本大震災が起こった後で建てられた建物の方が耐震性があるのは一目瞭然です。

熊本で震度7が起きた時に、それでも倒壊しない家宅の映像に海外では驚きと絶賛の声があったのが思い出されます。

よって新しい建物ほど耐震性能が高いのは間違いないでしょう。
*一応注意書きしておきますが、現行の耐震基準は人命を守るための可能性を最大限に盛り込んだものであり、絶対に震度7で倒壊しないという保証はどこにもありません。何にせよ、「絶対」はありませんのでその点は誤解がないようにお願いします。

旧耐震基準で建てられた建物もしっかりした造りになっている場合もあり、それは細かい話になるので割愛します。

 

いかがでしょうか。

恐らくこのサイトをご覧の方は地震後に見ている方が多いかと思います。

一番怖いのはこれからの余震であり、余震によってそれまでなんとか堪えられたものが

耐えられずに倒壊することもあります。関連記事を参考に対策をしてください。

■関連記事

地震の時家の中で安全なのはどこ!?昔と事情が変わってきた!

洗濯機に耐震マットなんて必要ない?実は知らない意外な2つの盲点!

地震の時女性がトイレで苦労する前に知っておきたいこと

地震の時の食器棚の扉対策してる!?意外と多い家具による圧死

地震で家具まで保険に入る価値はあるか?経験者に答えを求めてみた

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー