災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

首都直下型地震の確率はここを見よ!東京よりあの県の方が危ない!

■ポイント地域
1、震度6弱以上が30年以内に起こる確率
2,震度6強以上が30年以内に起こる確率 

 

■東京都庁 (新宿)
1、46.8%(前々回26%、前回46%)
2、7.4% (記載なし) 

 

■横浜市役所
1、81.6%(前々回66%、前回78%)
2、31.0%

■さいたま市役所
1、54.6%(前々回30%、前回51%)
2、10.0%

■川崎
1、83.6%
2、32.1%

 

 
■平塚
1,73.8%
2,30.3%

■浦安
1、83.4%
2、30.7%

■船橋
1,68.7%
2,18.1%

■水戸
1,67.2%
2,20.1%

■宇都宮
1,12.6%
2,0.9%

出典:http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/

 

ご自分の地域でも、ダブルクリックすることで見ることが出来ますので

是非試してみてください。
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/

これらを見ても分かることは、

1,震度6弱と6強で確率が全然違う
2,6強以上30%以上の川崎や横浜など人口密集地域が心配
3,首都というと新宿だが、意外と震度6強は7.4%。そんなに違うものかとびっくり

ということで、これらの数字が信頼出来るということが前提ではありますが

国が膨大な費用と、素晴らしい人材でやったことですので

信頼するしかありませんが、

それで上のような数字がでているわけです。

特に川崎、横浜、平塚、浦安(千葉)などは震度6強以上が起こる確率30%以上ということで

警戒したいところ。

あなたの地域ではどうでしたでしょうか?

引っ越すのもありでしょう…。

■関連記事

首都直下型地震で埼玉県の地域別危険性!

首都直下型地震で千葉県の意外と知らない地域別危険性!

茨城南部で地震が多いのはなぜかの答えと首都直下の可能性について

地震の時の食器棚の扉対策してる!?意外と多い家具による圧死は8割!

地震で家具まで保険に入る価値はあるか?経験者に答えを求めてみた

地震で本棚の対策してる?愛読書が凶器にならないためにすべき3つのこと

スポンサードリンク

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー