災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

スーパームーン2016年11月14日に大地震の噂が広がる…冷静に過去則と最新の地合いを見てみよう!実は意外と馬鹿にならない?

lion-1745289_640

スーパームーン2016年11月14日に大地震の噂が…ネットではこういうのが広まりやすいですね。
起こるときは起こるし…起こらない時は…という感じですが、月の引力や光は無関係ではなく、因果関係の学説も実は存在します。
ただ筆者的には本当に微弱すぎる要因で、くしゃみが出て風邪ひくかどうか、というくらいのものだという認識。

しかし、せっかくの機会ですので過去のスーパームーンと地震の関係を見てみましょう。
ついでに、最近の村井氏や早川氏などの予想も確認します。

スポンサードリンク

スーパームーン2016年11月14日に大地震の噂がまた広がる 実際は?

「スーパームーンの日は地震に気をつけなさい」というのは、確かに占い師だけではなく
実は地震科学研究科の人も言っていることだそうだ。
「巨大地震は、月の引力が強くはたらく時に発生しやすくなる」と東大の地震科学研究グループの井出哲教授等が言っている。

2016年11月14日は当サイトでも紹介しているようにスーパームーンの日で、ここ68年ぶりの近さで大きさが1.14倍になるとか。
そして光は1.3倍明るくなる。

ただ、私も昔月と地震の文献を見た記憶があるのだが、結論的には「確かに関係はありきっかけとなりうるかもしれない」けれど
「数字的に超微妙」だった。本当に添加物くらい微量です。
それでも当サイトでも毎月1回今月の地震前兆・予兆で月と潮位を示しているのはやはりちょっとは関係あるからです。
また同学説では、

深さ40km以内の比較的浅い地点で起こる地震については、月の引力により断層にかかる力が大きくなればなるほど地震が発生しやすくなる

とも言われていますので一応科学的根拠はあるにはあります。

しかし、一応過去則を確認しましょう。

過去のスーパームーンはどうだった?ここ10年チェック

過去のスーパームーンについて調べると2010年以降は以下です。

1997年09月17日
1998年11月4日
2008/12/13
2010年5月5日
2011年3月19日
2012年5月6日
2013年6月23日
2014年8月10日
2015年9月28日
2016年11月14日

参考:http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0530.htm

この年月日に関して、前後3週間(±21日)で、M6.5以上で探してみましょう。

× 1997年09月17日・・・なし
△1998年11月4日・・・1998/11/20 00:39:18.8 石垣島南方沖M6.5 震度2
△2008/12/13・・・2008/12/20 19:29:16.7 関東東方沖M6.6 震度3/2008/11/24 18:02:58.7オホーツク海 M6.5震度1
△2010年5月5日・・・2010/04/26 11:59:49.5 石垣島南方沖M6.6 震度2
◎2011年3月19日・・・2011/3/11 14:46 三陸沖M9.0 その他29のM6.5以上の地震
△2012年5月6日・・・2012/05/20 16:20:33.7 三陸沖 M6.5震度3
× 2013年6月23日・・・なし
× 2014年8月10日・・・なし
× 2015年9月28日・・・なし
2016年11月14日・・・果たして…*鳥取地震は10月21日なので3日だけ24日前で3週間以上前になります…

という結果になりました!

今のところ3連敗中です…。
東日本大震災が当てはまったというくらいで、過去則的には負け越しであるという結論となります。

ただよく言われるのが、あと2004年12月26日スマトラ沖地震は、2005年1月10日がこの付近のスーパームーンだったという。
東日本もスマトラもスーパームーンの前に起こっていますね。

スポンサードリンク

専門家の最近の予想

東大名誉教授・村井氏の最近の予想

ここ2,3週間変化はないです。相変わらず最大警戒地域は「南関東」
今週は4cm以上の変異が3点しかなく、北海道と東京八丈のみ。沈静状態ということです。
といっても安心できるわけではなく、「活性」→「長い沈静」→大地震 というパターンは多いので特に南関東は注意です。

その他一応警戒レベル4も示しておきます。
南海・東南海地方
南西諸島
九州
東北・北関東の太平洋岸、奥羽山脈周辺
鳥取県・島根県周辺
北信越地方・岐阜県

これ以上は、有料となりますので、週刊まぐまぐ『MEGA地震予測』を見てください。

ちなみに鳥取は的中。熊本は4月初頭に解除したら24日に発生してしまったという感じです。
基本的に的中率は高いです。

電機大教授早川氏の最近の予想

早川氏は無料部分は誰でもアプリから見れます。
img_3837

M4以上予測が今週は随分多いですね。太平洋側に多いのが気になります。

アキラの地震予測

女満別圏内にM5.2クラスの地震発生合図が単一出ました。
北海道地方中心として、関東甲信越地方~サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
特に、北海道・東北地方近辺では、父島と合作で、直下型地震に要注意です。
2016.(11/11 10:30発信。)

鹿屋圏内にM3.0~5.0の地震発生合図又は火山爆発合図が複数出ました。
九州地方中心として、フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海~近畿地方では、
一週間程地震発生に要注意です。

と出ています。出るときはM7.0以上注意、ということもあるのですが、今回はM5クラスです。
ただ火山爆発合図というのは気になりますね。

出典:http://eakira.sakura.ne.jp/

 

まとめ

ということで、結論的にスーパームーンと地震の「過去則」は連敗中。
最近の地合いとしては、直近で大きな予想の変化はないものの、前から南関東の危険は警戒されています。
あと火山の注意があるという感じ。

しかし、3週間と3日入れていいのなら鳥取地震が「すでに起こっている」ということになります。

 

どちらにせよ、未来のことは誰もわかりませんので、準備だけしておきましょう。

最低限の準備は以下4つ。

1、家具の固定  地震でしぬのではなく圧死でしぬ確率の方が高いです。
2、家財保険 家が壊れるより、家具がグチャグチャになる確率の方が高いです。
3、災害用リュックサックセット
4、トイレ対策  1か月水が流れないことを想定してください。特に女性は大変です。

■関連記事

南海トラフ地震11月23日説がなぜ噂に?その根拠と科学的見解を比較

地震前兆最新情報11月村井・早川氏の予想まとめ!最も注意すべき場所はここ!

ニュージーランドの地震の余震と被害状況まとめ最新

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

    • ((((;゜Д゜)))
    • 2016年 11月 22日

    クライストチャーチと月、ですねー24日の福島は 雪 の予報が出ていますが、そんなに揃わないで欲しいものです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー