災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

富士山噴火による東京の被害は?絶対しておきたい火山灰対策

mask-469217_640

2016年、日本中の火山のどこが、いつ噴火を起こしても全くおかしくない状態といわれています。

その中で、日本を代表する火山である富士山が噴火したとき、

首都である東京はどんな被害が想定されているのでしょうか?

スポンサードリンク


富士山噴火で予測される東京の被害は?

富士山の噴火が起きたときに、東京で考えられる大きな被害は、
・空振(窓がガタガタ揺れる)
・火山灰の降下
・溶岩噴出(以前の記事を参考に)
があります。

中でも気を付けなければいけないのは、火山灰です。

噴火から2時間で東京に火山灰が降り始めます。

火山灰は、砂よりも粒子が細かく、軽いことから、いろいろなところに入りトラブルを起こします。

火山灰降下で東京に何が起こるのか

火山灰が降ることによって、東京でもいろいろと困ったことが起きます。

■灰が降ってくる
あたりまえのことですが、空から灰が降ってきます。

火山灰は砂とは違って、とても軽い粒子が含まれていることも多いのです。

では、火山灰が降ってくることによって、どんな状態になるのでしょうか。

灰なので、とけてなくなることはありません。

そのため、重みで家がつぶれることがあります。

火山灰には、小さなとがった粒子がたくさん入っていますので、車や洗濯物が汚れることも想定されます。

また、道路に灰が積もることで、車が走れなくなります。

事例
・6mm高速道路2日閉鎖。(視界不良、エンジン故障に繋がる)

・2cmで休校(宮崎)
・5cmで交通規制5日間
・7.5cmで高速道路完全閉鎖(5日間)*基本的に道路交通法により、50m以上の視界不良で運行停止とされる・1~2mmで飛行機運行中止(視界不良)
・1mmで3700戸が停電(一宮)
・1.3cmで2本の電信柱が火災・10cm~300cmで家屋全壊出典:http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kouhai/kentokai/1st/sankou2.pdf

 

■電気が止まる

火力発電をおこなっているところでは、外気を取り込む際に火山灰が入ると、

タービンが回らなくなり、発電できなくなります。

そのため、電気の供給が出来なくなったり、制限されます。

電気が止まるということは、いろいろな機能もストップします。

■水不足

水源に降灰するので、上水の供給が制限されます。

また、降り積もった灰を洗い流すためにも水を使うので、水不足になります。

■空気汚染
灰はすぐに舞い上がるため、健康被害もおきます。

目に入って傷つけたり、呼吸器にも入ります。

喘息を引き起こす要因にもなります。

また、火山灰は酸性のため、肌についたところから肌荒れがおきます。

専用マスクは必須です!

スポンサードリンク


その他火山灰が降ることによって起こるであろう被害

その他、火山灰の被害は甚大です。

・交通機関がマヒ
・電気機器が不調
・パニック
・帰宅困難者
・農作物の被害

など、まだまだ、たくさんでてきそうです。

東京は特になんでもありますから、挙げたらキリがありません。

富士山噴火にそなえること

1707年の宝永の噴火から300年以上、大きな噴火のない富士山。

今、いつ噴火が起きてもおかしくない状況なのだ、ということを知っておきましょう。

そして、もし、噴火がおきた時に備えて正しい知識を持っておくことが大切です。

 

とりあえず、火山灰にも対応したマスクだけでも用意しておきましょう。

PM2.5対策のマスクと並行して良いでしょう。あとは目を守るゴーグルも必要です。

そして、もし、噴火がおきた時に備えて正しい知識を持っておくことが大切です。

 

火山灰対策で必要なもの

・体力をつけておく(交通機関がマヒするため)
・防塵マスク
・防塵ゴーグル
・大量の水
・ガス・電気の代用となるもの(防災グッズ)

■関連記事

PM2.5対策で子供マスクを最優先に準備!九州は既に対策しないとヤバイ?

富士山噴火の前兆?河口湖の異変をまとめてみた

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー