災害に対抗する手段は2つ。誰よりも知識をつけ、誰よりも早く準備をすること。

menu

災害列島ジャパン・自衛せよ!

竜巻注意報現在のあなたの地域情報を1分ですぐに取得する方法

train-1715324_640

竜巻注意報の現在リアルタイム状況を1分で取得する方法をお伝えします。
なかなか検索エンジンでもすぐにたどり着けませんよね。
しかし安心してください。この記事でわかりやすく説明します。

スポンサードリンク

竜巻注意報の現在は3クリックで取得!

方法は2つあります。

1つは、「気象庁の竜巻発生ナウキャスト」にて視覚的に見る方法

2つ目は、「気象警報・注意報」といったアプリをダウンロードして設定しておくことです。

まずは1つ目の「気象庁の竜巻発生ナウキャスト」にて視覚的に見る方法をお伝えします。

「気象庁の竜巻発生ナウキャスト」にて現在の状況を視覚的に見る方法

これは3クリックで出来ます。

1、以下の気象庁の竜巻発生ナウキャストのリンクに行きます。
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/index.html?areaCode=000&contentType=2

こんな画面です。
img_3666

2、次に地域を指定します。赤丸から選択します。
img_3667

3、次に「動画開始」をクリックします。
img_3668
これで見ることができます。

補足:ちなみに発生確度2が赤、発生確度1が黄色です。
img_3669

発生確度1(黄色):1~5%
発生確度2(赤色):5~10%

と低い発生確度ですが、このようになっています。
基本は「可能性」であって、確実なことは分からないのが正直なところではないでしょうか?
発生確度の高いところでは、目視、変な音、ものが浮き上がるなどの状況の変化に気を付けながら
危険を感じたら頑丈な建物に駆け込むしかありません。

これで現在の竜巻の状況を知ることができます。次にアプリで現在の状況を知る方法を紹介します。

スポンサードリンク

事前にアプリをダウンロードしておく

事前にできるのであればこれが一番良いでしょう。
その場だと、ダウンロードしたり設定したりする手間があるので、上記の3クリックでやったほうがいいでしょう。

アプリは「警報 注意報」で検索するとすぐに出てきます。
これは竜巻に限らないのでこれが良いでしょう。

iPhoneもアンドロイドも両方あります。。

1、「警報・注意報」というアプリをダウンロードします。
img_3675
2、通知を許可します。(通知がこないと意味がありません)
img_3677
3、地域を指定します。
img_3678
4、地域の警報や注意報が通知されたり、現状を見ることができます。
img_3679

いかがでしたでしょうか?

アプリだと、自分から調べなくても現在の状況を通知で知らせてくれるという点で便利です。
緊急事態というのは、その場では慌てて判断できないものです。
ですのでいかに事前にシュミレーションして、アプリなどを準備しておくかというのは大切です。

竜巻に関しては関連記事も参考にしてください。

■関連記事

竜巻の原因は地形と関係あるのか?日本で発生しやすい地域はここだ!

竜巻によるアメリカで史上最大の被害!?なぜ1日で1ヶ月分の22個が発生か!日本が学ぶこととは?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
jisinsonaek_kijisita

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


jisinsonaek_sidebar

カテゴリー